考えたことない!パイナップルの木?パイナップルの花ってどこ?どこに実るの?

みんな大好きパイナップル(≧▽≦)

どんな形の果物なのか知らない人はいないでしょう。

でも、その実がどこにできるのか知っていますか?

今回はこの身近な不思議植物、「パイナップル」を深堀りしていきます。

パイナップルってどうやって実るか知っていますか?

(。-`ω-)??なんか違う?

答えはこう!↓

!(@o@)!

開いた葉の中心ににょきっと突き出たパイナップル!もちろんこの写真は合成ではありませんよ(^_^;)

見れば見るほど不思議な植物。

まさかそこについてるとは思わなかった(´゚д゚`)

実はわかったけど、パイナップルの花は??

実がつく、ということはもちろんその前には花が咲いていたんです。

でもこの不思議な実、花ってどこだと思いますか??
実は、パイナップルの甲羅状の模様、あの一個一個が花だったんです。なかなか見ることのないパイナップルの花がこちら、

なかなかに特徴的で、きれいな花(*’▽’)
こん棒みたいでたたかれたら痛そうです。

花が咲いて、実がついたら……(´・ω・`)?

あれ?種どこ行った?

お店のパイナップルは種がない

本来野性のパイナップルは果実の表面に小さな種がたくさん入るそうです。バナナに似てますね(*’▽’)

通常栽培されている スムース種・カイエン種 は自家不和合(自分の花粉では受粉しない)の種が入りにくい品種。そのため普段私たちが食べているパイナップルには種が入っていないんですね。

それでも、他品種の花粉が虫などに運ばれることで受粉してしまったり、何かの偶然で種が入ることがあります。

万が一お庭で育てたパイナップルに種があっても毒ではないのでご安心を(*’▽’)

小さい種なのでほとんど気にならないですよ。

せっかく種を見つけたら種から栽培に挑戦してもいいかもしれないですね。種から育てると、順調にいって収穫は5年後だそうです(^_^;)
レッツチャレンジ!!

パイナップルは何の仲間?

こんな変な植物見たことない!そんな風に思うかもしれませんが近い仲間は結構身近に栽培されていたりします。

こんな植物見たことないですか?最近は100円均一での販売される「エアープランツ」これも同じパイナップル科の植物。

観葉植物のグズマニアなんかもパイナップル科。よくよく見れは作りはおんなじですね(*’▽’)

パイナップルはパイナップル科アナナス属、学名:Ananas comosus  漢名は鳳梨(ほうり) とも呼ばれる。耐寒性を示す Hardiness Zone は11~12かろうじて沖縄で栽培が可能なくらい。冬は最低でも5℃以上の温度を保つ必要があります。

パイナップルの名前の由来は?

パイナップルと普通は呼ばれていますが、正しくはパインアップル(pine-apple)

これは見た目が『松』、パイン(pine)のマツカサの様で、『リンゴ』、アップル(apple)のような果物という意味。

マツカサ

マツカサみたいな見た目はともかく、果物の味はりんごには似ていないようですが、昔は果実全般を「アップル」と呼んでいたらしく、意味としては、『マツカサのような形のジューシー果実』ってところでしょうか。

パイナップルを挿し木で育てよう!

パイナップル栽培の場合、種から育てるのは、入手困難だし時間もかかり現実的ではない(。-`ω-)

一番簡単なのは市販のパイナップルを挿し木すること(≧▽≦)

丸ごとパイナップルを買ってきたら切り落とした頭の部分を使います。

頭の部分の果肉がついていた部分を切り取ります。果肉が残っているとそこから腐敗するので注意。

切り取ったら下の方の葉、数枚を外し茎を2~3cm茎が見えるようになったら穂木の完成( ^ω^ )

すぐに植えてはだめですよ、2~3日、日陰で切り口を乾燥させるのがポイント。

その後、ミズゴケか、挿し木用の培養土に挿して発根するのを待ちます。

水につけておくだけでも根が出るようですが、夏場は水が腐りやすいので土に挿す方がおすすめです。大体1~2ヶ月で根が出てきます(≧▽≦)

根が出たら水はけのいい培養土で植え替えて管理します。育て方はこの後の「パイナップルの育て方」でまとめますね(^^♪

ちなみに挿し木から果実がなるまでは3~4年かかるそうです。やっぱり長い(;・∀・)

一度実を付けたパイナップルの株は、二度と花は咲かせません。

株の中央から花を咲かせ、実を付けたパイナップルの株は、あとは枯れるだけです。

とはいえ、完全に枯れるのではなく、花後に株のわきから小さい株が育ってきます。これを「 吸芽 」といいます。

生産者は挿し木ではなく、この小吹した「 吸芽 」を利用することで、もう少し早く実をつけるよう栽培するようです。

もしも頭からしか増やせなかいのなら、商品に頭付けたまま出荷していたら次に育てる苗なくなっちゃうもんね(^_^;)

パイナップルの育て方

最近はお花屋さんでもパイナップルの実つき鉢植えが販売されることもあります。すでに実がついているので、黄色く熟したら収穫なので簡単(≧▽≦)

でも、結構なお値段するので、お安く楽しむなら上に書いたように挿し木で苗を作りましょう(^_^;)

パイナップルの日常の管理

寒さに弱く、5℃以上を保たなくてはいけないので沖縄以外は基本鉢植えになります。
日当たり大好きなので、できるだけ1日中日に当てて育てましょう。

パイナップの用土

水はけのよい土で酸性を好みます。
配合するなら赤玉6:腐葉土2:川砂(もしくは軽石小粒):2くらいで配合。市販の培養土なら「ブルーベリーの土」が使いやすいです。

パイナップの肥料

春から秋の生育期に固形肥料を1か月に1度与えます。果樹用などのものが用意できればよりベスト。なければ花用でも構いません(‘ω’)

パイナップの水管理

表面が乾いてからたっぷりと与えます。実がついてからは特に乾きやすくなるので注意。

逆に冬場は乾燥気味に管理。冬でも15度以上をキープできれば育ち続けるけど、ご家庭ではまず無理なので乾燥気味に管理します。

乾燥気味に管理すると、少し寒さに耐性がつきます。

完全に乾かしてしまうと冬でも枯れてしまうので、与える時は室温と同じくらいの水温の水を午前中に与えます。

やるときはしっかり鉢底から流れるまで与えましょう。1年を通して受け皿に水をためてはだめですよ(゚Д゚)ノ

パイナップルはエアープランツの仲間。根があまり強くないので上から水をかけることで葉の付け根からも水分を吸収します。
夏は頭からしっかり水をかけましょう。

逆に冬は水がたまるとよくないので足元にだけ与えるようにします。

まとめ

いかがですか、ネットを見るとかなりたくさんの方が食べ終わったパイナップルで挿し木を楽しんでいるようです。

ですが、”収穫”までたどり着いたという報告はほとんどない(^_^;)

やっぱり冬越しと、結実まで3年以上という期間が難易度を上げているようですね。

ぜひチャレンジして、実った時はぜひコメントいただきたいです。

パイナップルはお肉を柔らかくする酵素を含み、消化を助けてくれます。

「お肉は好きだけど、最近食べ過ぎて胃もたれする(´・ω・`)」

そんな方はパイナップルを一緒に食べると、もっとおいしくたくさんお肉が食べられますよ!

食べてよし育ててよし。夏らしいパイナップル栽培。皆さんも始めてくださいね(*’▽’)

では、よい園楽を~(。・ω・)ノ゙


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です