実は寒さに弱い(*_*;冬の花「ポインセチア」え?あれって花じゃないの?

もういくつ寝ると、クリスマス(≧◇≦)。

クリスマスと言えばポインセチア!冬の定番花ですよね!

 

 

もういくつ寝ると、クリスマス。クリスマスと言えばポインセチア!冬の定番花ですよね!

絶対寒いところに置いちゃダメ!南国育ちの非耐寒性花木

そもそも「ポインセチア」とは何者なのか?

トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑低木。

そうです。なんです。低木とはいっても現地では5m以上にもなります。日本でそんなもの見たことないけど(;´・ω・)

原産地はメキシコ。熱帯生まれだから寒さにはすごぶる弱い。

じゃあ、栽培が難しいのかと言えば、そうでもない。ポイントを押さえれば栽培は比較的簡単だ。

鉢花だと思うからいけない。

「観葉植物だと思って管理」すればほぼうまくいく。

簡単に言えば、「暖かく明るい場所に置き」「水は乾かし気味に」「水やりは冷たくないぬるま湯で与える」これだけ。

うまく育てれば春まで赤い苞(花に見える部分)を楽しめます(*’▽’)

そう、花に見える赤い部分は苞葉と言って、花の周りにある装飾葉。花は中心にある小さな黄色い塊。

花じゃないから中心の本物の花が落ちても、長期間、苞葉を鑑賞することができるんです(^^♪

九州・沖縄のほうでは地植えで生け垣にできるくらい丈夫な木。

観光名所にもなっている「ポインセチアの群生 宮崎県日南海岸堀切峠」が有名。

みんなもポイントを押さえて大きく育てよう!最大で5mにもなるらしいが剪定すれば大丈夫だ。

ポインセチア

クリスマスに赤くするにはもうひと手間必要

何とか冬を越してはみたものの、いつまでたっても赤くならない。かと思ったら、2月ごろ忘れたころに花を咲かせた(*_*;

こんなことないですか?

先に言った通り、もともとクリスマスの時期に咲く花ではないポインセチア。12月に咲かせるにはひと手間必要。

それは短日処理

以前、コスモスを紹介した時にも少し書いたけど、「夜が長くなったことで季節を感じて花を咲かせる性質」のこと。

ポインセチアも同じ短日性を持つ植物。この性質を利用してクリスマスに花を咲かせます。

タイミングとしては9月中旬ごろからがベスト。この時期から夕方5時ごろに箱をかぶせて暗くし、朝に外すということを約2か月繰り返すと花芽を形成し12月ごろ開花を始めます。

こんなメンドクサイことやってられない!そんな方には、「プリンセチア」がおすすめ。

今までのポインセチアにはないピンク系の色と小ぶりな花で大人気のポインセチアの新品種(*´ω`*)

ポインセチアよりかわいらしいだけではなく、花も咲かせやすくなっています。

基本的には自然光の状態でも12月に開花するように改良されています。

つまりほっといてもクリスマスには花を楽しめるんです。作ったのはあの「サントリー」ビールだけではない。花業界では最先端の遺伝子研究で素敵な品種を多数作成しています。

(前回紹介した紫のシクラメン「セレナーディア」もサントリーだったりする。)

ただし、注意。蛍光灯や街頭の光でも「昼」と認識してしまうので、リビングなどで育てている場合はやっぱり箱をかぶせないと花をつけません。

しかも”連続”90日この状況が続く必要がある。まあ1日くらい忘れても問題なく咲くらしいから、意外とアバウトだが。

それでもやっぱりメンドクサイかも(;´・ω・)

でもでも、普通のポインセチアよりも咲かせやすくはなってるんです。最近は新品種も登場して色の幅も広がってますよ。

大人気。真っ白なクリスタルスノーと濃ピンクのルビーアイ

バラ咲き(八重)のプリンセチアローザ。豪華(*´ω`*)

まだまだある!最近のポインセチアは赤だけじゃない!

プリンセチアのように葉は小さくないけど変わった花色の品種がいろいろあるよ!

最新品種イエロー!ハロウィンのころにも重宝します。

白い斑が入るアイスパンチ。豪華!

花(苞)が丸みを帯びるウィンターローズ。白もあります(^^♪

 

 

そして!極め付け!「青いポインセチア」Σ(・□・;)これはすごい!!

でも・・・実はこれ白いポインセチアに青いインクを吸わせているだけ、だから来年以降はこの色にはならないのです(´・ω・`)

そうと分かっていてもこの色はインパクト大!ですよね。

ご紹介したポインセチアは写真クリックで、通販購入可能です。

季節商品だから売り切れも早い。気に入った花があったら早めの予約がおすすめですよ(^^♪

実は寒さに弱い(*_*;冬の花「ポインセチア」え?あれって花じゃないの?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です