ピンクのアジサイはアルカリ性の土壌じゃなきゃダメだ、スマンなあれは嘘だ(-“”-)

最近では、母の日のプレゼント としてカーネーションより人気があると噂される『アジサイ』

日本古来の植物だから非常に育てやすいんだけど、問題が一つ(;´・ω・)

お庭植えすると花の色が変わってしまう!という苦情がチラホラ・・・なぜなんでしょう??

アジサイは日本古来の植物です!!

とは言っても、『アジサイ』と言って思い浮かべるまん丸に花が咲くいわゆる「西洋アジサイ」が自生しているわけではなく、日本の固有種は「ガクアジサイ」と呼ばれる花の周囲にのみ花弁がつくタイプの花。

これは西洋アジサイ。花に見えるけど、実は種子にはならない『装飾花』と呼ばれるもの。

こっちはガクアジサイの八重咲品種『こんぺいとう』

中心の部分はまだ咲いていないけど、咲いても周囲にあるような花弁を持った花にはなりません(´゚д゚`)

でも、それがホントのアジサイの花。本来の花がじみすぎるから、虫を呼ぶために周囲に『広告としての花』を咲かせている。

​分かりますか(*_*;

中央に小さい花が咲いてるでしょ?これがホントの花なんです。

これが海外で改良され、全部が装飾花になったものがよく知られる『アジサイ』なんです。

アジサイの名前の由来

アジサイは現代では「紫陽花」と書くが普通はアジサイとは読めない(*_*;

それもそのはず、これは当て字で、もともと唐の詩人がライラックに付けた名と言われている。平安時代の学者が間違えてこの漢字をあてたことから誤って広まったといわれている。なんと!元は間違いなんですってよ(゚Д゚)!!

日本でアジサイの言葉は「青い花が集まって咲く」という意味で「あづ(集)」「さい(真藍)」が語源とされている。

万葉集などではいろいろな感じがあてられるが、もとの意味はそういうことなのでしょう。

このことからわかるように、

アジサイは基本『青』なんです。

ピンクのアジサイを咲かせる方法

そこで本題(^_^)/

ピンクのアジサイを咲かせるには?これを調べると「アルカリ性の土壌に」という説明が出てきますね。

赤はアルカリ、青は酸性の土壌。これが一般認識ですが、本当にそうなのでしょうか??

調べてみました!!

今回使ったのとは違うけど、土に挿すだけで酸度の図れる酸度計を使用。

まずは青いアジサイから調べてみます!

​まずは青、Ph6くらい。結構酸性ですね。

​こっちはそうでもないですね(‘ω’)

本番、ピンクのアジサイ。

(@_@;)?!Ph6???すんごい酸性なんですけど。

念のためほかの花も、やっぱり酸性。

​これも・・・(´゚д゚`)

すまんな、ピンクを咲かせるのはアルカリ性・・・あれは嘘だ(´◉◞౪◟◉)

ご覧の通り、酸性でもきれいなピンクは咲きます!

なぜか?

それは土にあり。

紫陽花の色が決まるのは酸度ではなく、『土に含まれるアルミニウム』によってきまる。

根からアルミニウムが吸収されることで青い色を発色するようになるんです。

アルカリ性→ピンクが咲く

ではなく

アルカリ性→アルミニウムが吸収しにくくなる→ピンクに咲く

ということ。

アルカリ土壌ではアルミニウムは水に溶けにくくなり、根から吸収されなくなるためピンク色に咲くようになるのです٩( ”ω” )و

紫陽花の本場、島根のアジサイの土のパンフレット。

ピンクに酸度の強いピートモスを60%も使ってくださいと書かれている。これはピートモスにはアルミニウムが含まれないから。

逆に、赤玉土など火山灰土壌には豊富にアルミニウムが含まれるので使用しないように書かれているんです。

上で酸度を調べたのはすべて鉢植え。つまり鉢の中の土にアルミニウムが含まれていなければ、酸度はどうでもいいってことです。

鉢植えなら専用用土できれいに咲かせられる!!

庭ではそうもいかないです(;´・ω・)

でもこれは鉢植えでの話。

お庭ではどうしてもアルミニウムを除去することはできない。

だから、土をアルカリにして少しでも吸収しにくいようにしなければならないんです。

だから、表題の『嘘』というのは言い過ぎかも・・・(;´・ω・)

お詫びにお庭でピンクをきれいに咲かせる方法をお教えします。

日本の土壌はどうしても酸性になりがち。だからアジサイも青は比較的咲かせやすいけど、ピンクの花を庭におろすと色がきれいに出なくなってしまいます。

そこでおすすめ。

ブロック塀、もしくはコンクリートの近くに植えましょう。

これは、コンクリートは石灰を多く含んでいるので、その周囲の土壌はアルカリ性になりやすいんです。

この場所なら毎年石灰を入れなくても、アルカリ性になりやすいからきれいに咲くはず。

逆に青いアジサイはコンクリから話して植えるのがおすすめです。

​品種によっては土壌にかかわらずピンクに咲くものなどもあるので、すべてが青ピンクにコロコロ色が変わるわけではないのでご注意を(;^ω^)

アジサイは奥が深いからまた別の視点から記事書いてみますね。ではまた~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です