冬の貴婦人シクラメン、別名は豚の饅頭!?

シクラメン表紙

冬の定番「シクラメン」これから冬にかけてギフト鉢花の定番商品。

これからシクラメンを育てるのに役立つ情報をいろいろご紹介します(≧▽≦)

シクラメンは何の仲間?

シクラメンはサクラソウ科シクラメン属の球根植物。そう、球根なんですよ(゚Д゚)ノ

そして、その学名はCyclamen。これはギリシャ語のkyklos「円」「らせん」が元。これはcycleの語源にもなっている。

この名前は花後の花茎がらせん状に巻きコイル状になることからつけられている。

現代の改良された大輪品種ではわかりにくいけど、ガーデンシクラメンなどではくるくる巻いた茎を見ることができます。

ギリシャ語が語源なのは、現代の改良品種の中心親である「シクラメン・ペルシクム」がギリシャのキプロス島から持ち込まれたことに起因するようだ。

シクラメンの歴史

ヨーロッパに初めてもちこまれたのが1731年今から300年近くも昔の話。

日本には明治から大正にかけて導入された。ペルシクムはその塊茎を豚が食べたことから「豚のパン」と呼ばれていた。しかし日本ではまだ『パン』が一般的ではなかったため導入されたときに「豚の饅頭」と言い換えられ、和名として広まったらしい。

和名は花やその植物の姿を如実にあらわしたものが多いから、日本の園芸業界ではもっと使っていくべきだと思うのだけどね(´・ω・`)

安易な学名そのものカタカナ名よりよっぽど親しみやすいと思うよ。園楽和名推進委員会でも立ち上げようかな(*´▽`*)

ちょっと話がそれたね(;^ω^)

シクラメンのかほり

ちょっと上の世代なら布施明の歌う「シクラメンのかほり」は耳に残る名曲でしょう( *´艸`)

でも、実は今のシクラメンってあんまり香りないんですよ(^_^;)

香りの強い花は花もちが悪くなることも多く、花を大きく豪華に改良していく過程で原種にはあった香りが失われていったんですね。ですから今のシクラメンの多くは近づいてもあまりかおらない程度の香りしかもっていないものが多いんです(;_;)

でも最近は香りの魅力が見直されてきているので、香りのあることを売りにした品種も増えてきていますよ。やっぱり香りもあったほうがいいですよね(≧▽≦)

現在では冬の定番ギフトの地位を確実なものとしたシクラメン。重宝される理由は豪華な花だけじゃない。適した生育環境のためだった?!

シクラメンを飾るのは、リビング?玄関?どっちがいい??

お歳暮でいただいた豪華なシクラメン。あなたならどこに飾りますか??

  1. いつでもよく見える暖かいリビング
  2. お客様にも見ていただけるちょっと寒いけど玄関

さあ、どっち?

答えは断然「2」の玄関。

シクラメンの生育適温は15~20度。リビングで暖房をつけると暑すぎます。そんなところに置かれたシクラメンはふにゃふにゃになってしおれてしまいます(;´・ω・)

水切れや、温度が高いとふにゃふにゃになってしまう(ノД`)・゜・。

シクラメンはちょっと寒いかな?ってくらいがちょうどいい。そして光がよく当たればなおさらGOOD。日に当ててあげれば春まで次々に花を上げます。もちろん追肥はあげてくださいネ。

シクラメン日頃の管理

シクラメンはポイントを押さえれば簡単に育てられます。注意したいポイントをご紹介!

シクラメンの水管理

シクラメンはお水が大好きだから、ほぼ毎日しっかりと。

水やりのポイントは中央の球根には水がかからないようにすること。先の細い水差しで鉢の淵から与えましょう。

シクラメンの追肥

春まで長く花を楽しむためには追肥が必須。

シクラメン専用肥料もあるけど、普通の花用肥料でも大丈夫ですよ(*’▽’)

固形の肥料なら1~2ヶ月に一度。液肥なら、週に1回規定量に薄めてお水代わりに与えましょう。

シクラメンの花がら摘み

次々花を咲かせるためには花後の処理が大切。花びらが落ちたあとの花がらには種が作られます。栄養が種に取られて花が咲きにくくなるので必ず外すようにしましょう。

ここでポイント!花後の花茎ははさみを使わないで、根元からねじるように引き抜くこと。茎が残るとそこから病気になることもありますよ~(;・∀・)

うまく育てれば何年も咲かせることができます。長く育てると20年(!)以上も咲かせた方も。上手に育てて長く楽しみましょう。

毎年咲かせられるって本当?夏には枯れちゃうんだけど。

こまかい育て方はいろいろなサイトで説明されているから、ここでは絶対必須なポイントだけに絞って紹介するよ(゚Д゚)ノ

シクラメン「春の管理」

暑いのが苦手なシクラメンは暖かい春になると葉を落としてきます。

ここで植え替えです!

本格的に暑くなる前に一回り大きな鉢に植え替え。夏はできるだけ涼しい環境で過ごしましょう。

シクラメン「夏の管理」

夏越しの方法には「葉を付けたまま」と「休眠させて」すごす二通りがある。

すずしい地方ならおすすめは「葉を付けたまま」

このほうが秋のスタートが早く花も年内から楽しめます。

通常道理の管理のまま涼しい半日陰で夏をやり過ごしましょう。

夏暑い地域では休眠させた方がいいです

ただ、夏が暑い地域では葉をつけたままの越夏は球根の腐敗など心配も多い。

春に葉を落とし始めたら水を止めて、カラカラ状態で夏を越させ、9月に植え替えて育てる方法が楽(^_^;)

ただこの方法は葉の再生が遅れる分、開花も少し遅く年末以降からの開花になります。

ミニシクラメンとガーデンシクラメン。何が違うの?

小ぶりで可愛いシクラメン。ミニシクラメンとかガーデンシクラメンと呼ばれるけど、違いはあるのか?

もともとは同じものだったのだけど、最近では「特に寒さに強く外植え可能なもの」をガーデンシクラメン。室内向けをミニシクラメンと分けることが多い。

ガーデンシクラメン。とはいっても耐寒性は0度くらいまでなので、東北地方ではちょっと難しい。

夏場、蒸れで腐りやすくもなるから鉢植えがおすすめ。アレンジなんかに入れてもかわいいですね(*´▽`*)

どうしても地植えしたければ原種系シクラメンがおすすめ。丸い葉がかわいい『コウム』やヘデラのような葉をつける早咲きのヘデリフォリウム(別名: ネアポリタナム )などがあります。

この2種はクリスマスローズでも有名な横山園芸さんが東北の「国営みちのく湖畔公園」に植え付けられて今も毎年立派な花を咲かせています。

園楽projectのコチラ↓の記事もあわせてお楽しみください(≧▽≦)

現代のシクラメン。花の種類すごいです!

ギリシャの小島にひっそりと咲いていた小さな花が、今でははるか東の島国でバリエーションに富んだ花を咲かせています(≧▽≦)

今までのシクラメンのイメージが覆るかも?!

​ 珍しい花色の八重咲品種。グリーンティアラ

​こっちはさらにすごい!バラ咲き、ローゼスローズ

​ティアラ咲き、フリンジがカワ(・∀・)イイ!! ビクトリア

珍しい!黄色、ゴールデンガール。

​ちなみにリップの赤くないゴールデンボーイもありますよ(*‘ω‘ *)。

そして極め付け!青いシクラメン「セレナーディア」

八重やビクトリアタイプもあります。

いかがでしょう。このほかにも素敵な花が続々販売されます。飾ってみたくなりましたか?今年のお歳暮にはシクラメンギフト検討されてみては?きっと喜ばれますよ(*´▽`*)

では、よい園楽を~(。・ω・)ノ゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です