プルメリアに花を咲かせたい!

ハワイの花のイメージが強い「プルメリア」

結構多いのが「花が咲かない」「葉が落ちる」「枯れてしまった」というなやみ(@_@)

基本的に丈夫な植物なんですけど、好む環境が日本の普通の花とちょっと違うので管理が難しいと感じてしまうんです。
でも、大丈夫。ポイントを押さえれば誰でも簡単に咲かせることが可能ですよ(≧▽≦)

プルメリアってどんな花?

プルメリアは、 キョウチクトウ科インドソケイ属 (プルメリア属)の落葉樹(一部常緑樹)です。よく見ると確かに夾竹桃の花に似ていますね(*’▽’)

園芸品種の多くは白色のプルメリア・オブツサや赤花のプルメリア・ルブラの交配種。特に色鮮やかな花色はほとんどがこのルブラの交配種です。

原産は熱帯アメリカや、カリブ海の島。今では園芸品種が熱帯の国々に植えられていて、特にハワイでは首飾りの”レイ”を作るために利用される重要な木です。

ハワイでは満月の夜明けの早朝にプルメリアの花を集めてレイを作り、それを好きな人に渡すことができれば、その恋は叶うという言い伝えがあります( *´艸`)

プルメリアの育つ環境

熱帯地方で栽培されることからわかるように、寒いのが苦手(@_@)

基本的に屋外の日当たりのいい場所がいいのですが、30度を超える夏の強い日差しは葉が焼けてしまう場合もあるので、半日陰で管理するのがいいです。でも、ちょっとくらい日に焼けるくらい強い日差しのほうが花は咲きやすくなります。

丈夫な木なので日当たりがよければ室内でも枯れることはないですが、病害虫がついたり花が咲かないなど、本来のプルメリアを楽しむなら春~秋は屋外管理がおすすめです。

プルメリアの植え替え

プルメリアは生育のいい植物なので、1~2年に一度は植え替えが必要です。

真夏を除く、春~秋の気温の高い時期に一回り大きな鉢に植え替えましょう。

用土は水はけのいい観葉植物の土がおすすめ。普通の培養土では水持ちが良すぎて根を痛める可能性があります。

プルメリアの水やり

これも現地の環境を考えると好む環境がわかりやすいです。熱帯地方では雨季と乾季が分かれている場所が多く、プルメリアはそんな環境に適応しています。

なので生育期は雨季のような水やり。鉢の土が乾いたころに”頭の上から強い水流で水やり”です(゚д゚)

これはスコールを再現。葉についたハダニを洗い流し、鉢の中の水分を入れ替えるくらいしっかり水を与えます。一度水をあたえたら乾くまでは与えません。受け皿に水をためるのもNG。根腐れしてしまいますよ(゚Д゚)ノ

逆に落葉期、日本では冬にあたる季節は乾季に当たります。この時期水は与えません。

一冬与えなくても大丈夫なくらいですが、与えるなら1~2ヶ月に1度、暖かい日の午前中に室温と同じくらいの水温で下まで流れるくらいしっかり与えます。

簡単に言えば、「夏は観葉植物・冬はサボテン」だと思って管理してください(≧▽≦)

プルメリアの置き場所

日当たり大好きなので、5月後半新芽が伸びてきたら徐々に日に慣らしながら屋外の直射日光に当てます。
真夏の強い日差しで日焼けがひどい場合は半日陰に移しますが、基本は日向がいいです。

気温が15度を下回ると落葉が始まります。早めに室内管理に移しましょう。室内の日当たりに置くのですが、窓のそばは1日の気温の変化が大きくお勧めできません(゚Д゚)ノ

窓から1mくらい離して飾りましょう。真冬でも5度以上を保たないと枯れてしまいます。室内に取り込んでからはできるだけ水を控え、休眠させます。葉は自然に落葉しますが、冬になっても落ちなければ鋏で切って強制的に休眠させても構いません(*’▽’)

プルメリアの肥料

生育期(葉っぱのある時期)はお花用の粒の肥料や液体肥料を与えます。強い肥料は苦手なので少し少なめを心がけると失敗が少ないです。

冬、落葉期は絶対に与えてはいけません。根が栄養の吸収をやめているので、根を痛め枯れてしまう危険性があります(゚Д゚)ノ

プルメリアの病害虫

病気は少ないですが、虫では「ハダニ」が発生しやすいです。

というか、葉がついたまま室内に入れればほぼ100%発生します(^_^;)

ホントどこから来るんだろう?

室内に取り込んでからは霧吹きで葉に水をかける「葉水」をこまめに行うようにしましょう。それでも発生した場合は葉を切り落として休眠させるのも方法です。

屋外でもベランダなど、風通しの悪い場所で栽培しているとハダニが発生することがあります。屋外の場合は強い水流で洗い流してあげましょう。

ハダニがついてるかどうかの見極め方は、

  1. 葉の色が悪い。点描したように白い点がある。
  2. 葉の裏に細かいクモの巣のようなものが張っている。
  3. 黄色くなって葉が落ちる。

など。これらの症状があった場合ハダニの可能性が大きい(゚Д゚)ノ
早めの対応を行いましょう。

プルメリアは毒(;・∀・)

プルメリアは強力な毒を持つキョウチクトウと同じグループ。

葉を食べるようなことはないと思いますが、間違って体内に入れば不整脈や嘔吐などを起こし命にかかわることもあります。

口にすることはほとんどないと思いますが、枝を傷つけたときに出る白い乳液にも注意が必要です。皮膚につくとかゆみやただれを引き起こすことがあります。手についたときはしっかり石鹸で洗い流しましょう。

ハワイでレイなどの材料としても用いられるプルメリアですが毒があるためか、昔は「お墓の周りに植える植物」という認識があったようで今でも年配の方はプルメリアのデザインのものは身に着けないといいます。

プルメリアは簡単に増やせる(^^♪

プルメリアは挿し木が簡単にできます。その活着率はきちんと行えばほぼ100%(*_*;

さあ、どんどん挿してみよう。

挿し木には充実した枝の先端20~30㎝が活着しやすい。時期は葉が展開する前の3~4月がおすすめです。

挿し木のポイントは切り口をしっかり乾燥させてから挿すこと!

サボテンや多肉植物と同じく、切り口がじめっとしているとそこから腐敗してしまうので切った枝を半日陰で数日間しっかり乾燥させます。切り口からは毒のある乳液が流れ出すので水で洗い流し、手では触れないよう注意しましょう。

挿し木に使う土は鹿沼土か、水はけのいい観葉植物用の土。茎が倒れないように4~5㎝埋めて水を与えます。この時、発根促進剤の「ルートン」を切り口に付けてから挿すことで活着率をさらに上げることができます。

土が乾いたら水を与えるようにして半日陰で管理するとひと月くらいで先端に葉が出てきます。こうなったら根が出ている証拠なので、葉が数枚展開したら普通の株と同じ管理に戻します。

枝の先端をさすので、花を咲かせる場合もあります。ただし、そのまま咲かせると枝の栄養を消費しすぎて枯れてしまう場合があります(>_<)
もったいないですが、挿し木の株の花は切り取るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?ちょっと癖のある植物ですが、ポイントを押さえれば多少適当に扱っても元気に育ってくれますよ顏(^_^;)

花は株が充実すれば自然と咲いてきます。肥料はリン酸の多いものを与えましょう。開花中は肥料はストップしましょうね。花もちが悪くなるといわれています。

ちょっとお値段の高い植物なので、管理を理解して大事に育ててくださいね。香りもいい、形のかわいい花はすごく素敵ですよ(*´ω`*)

では、よい園楽を~(。・ω・)ノ゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です