~チオノドクサ~血を喉草という恐ろしい名前の花?

チオノドクサ表紙

こんなに美しい花なのに・・・(;´Д`)

名前は「血を喉草」ちおのどくさ。

その昔、喉から血が出るほどに・・・・・という昔話はないです(;^ω^)

スイマセン!タイトル詐欺です(ノД`)・゜・。

ホントはチオノドクサ→Chionodoxaという学名なんです。

​ギリシア語の、チオン(chion:雪)ドクサ(doxa:輝き・栄光)からつけられた学名。もちろん「血を喉草」なんて漢字では書きません(;´Д`)ゴメンネ。

実は私がずっとそう思っていたんですヨ。

きれいな花なのにこわいなまえついてるな~って。

無知って恐ろしい(-“-)

寒さに強い高山植物でした

​苗で見かけることはほとんどなく、多くは秋植え球根として販売されます。

園芸品種として花色もいろいろあるようですね(^^♪

高山植物なので寒さにはめっぽう強いが、夏の暑さが苦手。

東北地方では植えっぱなしでも丈夫に咲くが、夏が暑い地域では注意が必要。

夏は半日陰でほかの季節は日当たりの良い場所で、水はけのよい場所で育てましょう。

雪解けの下でも咲くほどに寒さに強く、ほかの植物に先駆けて咲くから、花の少ない冬~早春には重宝しますね(^^♪

​ そんなに大きくないから寄せ植えや花壇の縁に並べてもきれい(*‘ω‘ *)

 雪解けの中咲くことから「グローリー・オブ・ザ・スノー」や、「ユキゲユリ(雪解百合)」の別名もあります。

ちょっとかっこいい(*´ω`*)

そろそろ球根植え付けのシーズン!ちょっと珍しいチオノドクサ、育ててみてくださいネ!(^^)!

では、よい園楽を~(。・ω・)ノ゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です