バレンタインだし、チョコっとした花の話をしてみようか

チョコレートコスモス表紙

もうすぐバレンタイン(*´▽`*)

ですね。

お店には美味しそうなチョコレートがたくさん!

植物の間でも、「チョコレート」の名前を持つ植物の品種って結構多いんですよ。まあ、たいていは葉が茶色とか、花が茶色ってだけなんですけど、中には香までチョコレートな植物もあるんです(≧▽≦)

まさにチョコ!チョコの香りがする花『チョコレートコスモス』を知っていますか?

以前の記事コスモスの回でも紹介したチョコレートコスモス(^^♪

色はまさにチョコレート!鼻を近づけて香りをかぐと・・・(゚д゚)!

香も間違いなくチョコレート!!

せっかくなので少し解説。

少し前までチョコレートコスモスは上級者向けの難しい花でした。それは本ら高冷地に自生する原種、

コスモス・アトロサンギネウス(Cosmos atrosanguineus)

しかなかったから。これはもっとも色が黒く、もっとも香りがいいのだけど、まあまともに育たない(*_*;

その栽培しにくさからお値段も高く、いまいち人気が出ない花でした。

しかし、実はチョコレートコスモスは激しく丈夫なキバナコスモスと近縁であることから、両者を掛け合わせた雑種が作られました。

それがいま主流となっているチョコレートコスモスなんです。

チョコレートコスモス『チョカ・モカ』

​原種のチョコレートコスモスとキバナコスモスから生まれた園芸品種。チョモカじゃなくて、チョモカです。

ハクサンというメーカーさんが作って、そこのページで確認したから間違いないはず(;^ω^)

この品種花付き良くて丈夫。高温多湿もそこそこ耐える。そして花時期が長く春から秋まで楽しめるので、現在チョコレートコスモスといえばほとんどこの品種になってしまいました。

もし原種を見かけたらそれはかなり希少ですよ。

この原種に比べ花時期が長い、って素晴らしいですよね。春から秋まで咲き続けます。もともと暑いのが苦手なので夏場は涼しいところで株を休ませた方がいいと思いますが、秋にはさらにたくさん咲いてくれます。

しかも、原種ではほぼ不可能に近かった宿根も可能。ただし半耐寒性。だいたい0度以下にならないよう管理しなくてはいけないので関東より北では鉢植えで取り込んだ方が安全かも(;´・ω・)

うちでは屋外で成功したことありません(´;ω;`)ウゥゥ

このチョコモカ、ほかに兄弟がいてノエルルージュ・ショコラなどがあります。

でも、チョカモカに比べ色も香もチョコっぽくないので人気はいまいち・・・最近はあまり見かけなくなりましたね(=_=)

これはバレンタインのギフトとして最高なのではないだろうか?

チョコレートコスモス(≧▽≦)

チョコの香りと色。育てやすく改良されかわいらしい。まあ、開花には少し早いけど、温室なら2月開花も不可能ではない。

園芸業界がバレンタインデーに一矢報いるにはこの「チョコレートコスモス」をバレンタインギフトにすればヒットまちがいなしではないだろうか?!

これはいいひらめきだ。近くの花屋に企画を持ちかけよう٩( ”ω” )و

どうせなら「花言葉」も添えておしゃれなラッピングがいいよね♪

チョコレートコスモスの花ことばは、どれどれ(._.)?

(゚Д゚;)

チョコレートコスモスの花ことばは・・・・

『恋の終わり』『恋の思い出』『移り変わらぬ気持ち』

おい~~~~!恋、終わっちゃってるよ(*_*;

ダークな花色が別れを想像させるのでしょうか?

これではバレンタインに送ったら「別れましょう」と言っているようなものだorz

どおりでどこの花屋もチョコレートコスモスをバレンタインデーに押さないはずですね。勉強になりましたφ(..)メモメモ

皆さんも、バレンタインデーに見かけてもプレゼントには利用しないようにしてくださいネ。

チョコレートの香りのする蘭『シャーリーベイビー』

チョコの香りのお花なら、チョコの香りがするラン、オンシジウム”シャリーベイビー”もあります。

花色がチョコレート色で、こちらも甘~いチョコレートの香りがする花です(≧▽≦)

オンシジウムの花言葉は 「可憐」「一緒に踊って」 だから、バレンタインに送っても大丈夫ですよ~( *´艸`)

プレゼントはチョコレートコスモスよりも、こっちの方がいいかもね(^^♪

では、皆様よい園楽&バレンタインデーを~(。・ω・)ノ゙

バレンタインだし、チョコっとした花の話をしてみようか” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です