お庭の野良ネコ退治、猫の糞害対策いろいろ

ネコ退治表紙

ニャンコってかわいいですよね( *´艸`)

でも、だからといってお庭でいたずらしてもいいという理由にはなりません!

猫による被害をなくすため、どんなものがあるか?おすすめアイテムを紹介いたします(≧▽≦)

ネコ退治あれこれ

お庭に猫が来るのを防ぐにはいろいろな方法があります。

どんなに猫が憎らしくても『毒団子』を置くなんてことはしちゃだめですよ(;゚Д゚)

できるだけ穏便に、ここが嫌な場所・危険な場所と認識してお引き取り願うようにしたいものです。

そのためネコ退治は忌避効果を狙った、猫に対する「いやがらせ」が必要。あくまで猫が入ってこないようにするだけなので、直接的に猫を傷つけないグッズを大きく3つに分けてメリットデメリットを紹介します。

におい系ネコ忌避剤

猫の嫌がる「におい」を発生させて猫が来なくなるようにするアイテムです。

天然系のものと、市販の化学合成品があります。

天然物におい系ネコ忌避剤

猫除けハーブを使用

香辛料をつるす

にんにく・唐がらし・コショウ・カレー粉など香りの強いものをネットなどでつるす。

木酢液・竹酢液

食用酢

効果としては木酢と同じ。あまり濃くまくと植物も枯らしてしまいます(;゚Д゚)

天然物におい系猫忌避剤 まとめ

自然のものや、家庭内の食品を利用して忌避効果を狙うものです。簡単に試せる反面、デメリットも多い(^_^;)
まずは試してみて、効果がなければ別のものに変更しましょう。

  • メリット :安全性が高い。簡単に手に入る。安価。
  • デメリット:効果がいまいち。雨や風で効果が薄れる。定期的な交換が必要で持続性が低い。

化学的:におい系ネコ忌避剤

おなじにおい系忌避剤ですが、こちらは化学的ににおいを長く効果的に発生させるように商品化しています。天然系に比べるとにおいの質や効果範囲が広く、持続性もあるので、天然系に比べると使いやすい。

化学的におい系ネコ忌避剤 まとめ

値段もそこまで高くないので野良猫退治なら、それなりに効果があります。問題はココ。「野良猫」あいてならという点です(。-`ω-)

  • メリット :簡単に手に入る。比較的安価。持続性が長い。
  • デメリット:雨や風で効果が薄れる。定期的な交換は必要。飼い猫には効果が薄い。

野良猫は警戒心も強くにおいにも敏感。しかし屋外で放し飼いされている飼い猫の場合、人間に深くかかわっているため「におい」に対する警戒心が薄くなっている場合が多く、効果が少ない場合が結構多いんです(゚Д゚)ノ

物理的ネコ忌避アイテム

においが駄目なら直接いやがらせをする。猫に危害を与えない程度に、猫の嫌がるお庭にするのも効果的です。

こちらも天然のものを使って行う方法と、市販の猫除けグッズを紹介します。

天然系:物理的ネコ忌避アイテム

単純だけど、猫は濡れるのを嫌がるのでシャワーをかけたり、庭をびしゃびしゃにすれば猫は嫌がります。でもあまり現実的ではないですね(^_^;)

センサーが反応して自動で水を出すような装置があれば有効だと思います。

草木灰

ネコは足に灰がつくのを嫌がるのでその場所を歩かなくなります。しかし、雨で流れたてしまうし広い面積には向かない。毎日まかなくてはいけなくなります。

松ぼっくり・ヒイラギの葉などを敷き詰める

猫除け対策として敷き詰める。と説明されていることがあるけど、そんなことしてるの見たことない(^_^;)

どんだけ集めればいいのかって話ですよね。あまり現実的でないと思います。

ペットボトルに入れた水

あれだけ効果がないといわれているのに、いまだに玄関先に並んでいるお宅を見かけます(^_^;)

これははっきり言って効果がないのでやめた方がいい。景観が悪くなるだけでなく、レンズ効果で火災になる可能性もあります(;゚Д゚)

天然物物理的ネコ忌避剤 まとめ

天然のものを利用して侵入を防ぐ。残念ながら効果があっても実際には難しいものや、全く効果のないものが多い。あまり実用的ではないですね(^_^;)

  • メリット :安全性が高い。簡単に手に入る。安価。
  • デメリット:効果がいまいち。雨や風で効果が薄れる。持続性が低い。全く効果がない迷信のようなものもある。

市販グッズ:物理的ネコ忌避アイテム

猫が歩くのを嫌がるようなトゲトゲアイテムが販売されています。

ここダメシート

猫が歩きにくくするトゲのあるシート。自由なサイズにはさみで切って配置できる。

風で飛ばないようにしっかり固定しておきましょう。

ネコ回れ右びっくりスプレー

センサー搭載で猫が前を通ると、ガスを噴出して猫を脅かして退避させます。

センサーは2~3m、90度の角度に反応するので猫の侵入の多い場所に設置します。雨がかぶってもOK。約50回の噴射が可能。

ネコが嫌な場所であると学習することで入ってこなくなります。

市販グッズ:物理的ネコ忌避剤 まとめ

ネコが嫌がる環境を作って侵入を防ぎます。猫が通行して困る場所に設置しましょう。とげとげは効果がかなりあります。ただ広い面積には難しいです。

庭中に敷き詰めるわけにいかないし、人も入れない。猫は狭い隙間も通れるから、本当に入ってほしくない一部に使用するくらいが実用的ですね。

簡単に設置できるけど、見た目はよくないです(^_^;)

スプレー噴射も効果的ですが効果範囲はちょっと狭い。子供やペットが庭で遊ぶときは外しておかないと危険です。

  • メリット :安全性が高い。簡単に手に入る。
  • デメリット:とげとげシート・その場所しか忌避できない。広範囲には向かない。人も入れなくなる。景観が悪い。
  • デメリット:スプレー噴射・効果範囲が狭い。やや高価。子供やペットでも反応するので注意。

超音波系:ネコ忌避アイテム

もっともおすすめの猫除けグッズが、この超音波系の猫除けグッズです。私もいろいろなお庭の猫被害の相談を受けましたが、上のいろいろなものを試して最終的にこの「超音波系猫除けアイテム」で解決することが多かった(。-`ω-)

超音波系アイテムのいいところは、人間には聞こえない周波数の音を発生させている点。

センサーが反応し、猫が侵入したときに人間には聞こえないけど、猫にとっては大音量の音で猫を脅かします。

こどもがお庭で遊んでもセンサーを外す必要がありません。(小さい子供の中には少し聞こえる場合もあるようです)

右ネジで周波数を調整できるので、定期的に変化させれば猫の”慣れ”を防ぐことができます。

左ネジでは感度を調整できます。

電源は単三電池2本で約1か月。効果範囲は約7m、80度の角度で反応します。ななり広い面積がカバー出来ます。

超音波系ソーラーはおすすめしない

超音波タイプの猫忌避撃退機は、安価なソーラータイプもありますが、こちらはあまりお勧めしません(。-`ω-)

ソーラータイプは設置場所が日当りのいい場所に限定されるうえ、曇りや雨のような日照の少ない天候下ではうまく動作しないことが多いからです。

安価なものは効果範囲も狭いのでいくつも設置しなくてはいけなくなり、逆に費用がかさむことになりかねません。電池式の方が確実に長く動作してくれますよ(≧▽≦)

超音波系:ネコ忌避剤 まとめ

  • メリット :安全性が高い。一度設置すれば、そのまま、ほぼノーメンテナンスで運用できる。
  • デメリット:商品単価が高い。

まずはにおい系やトゲトゲシートで試して、どうしても解消しない場合利用されることが多い超音波系。ですが一番効果が確実なのがこの超音波系撃退機です。

ほとんどの方はこの超音波撃退機を使うことで、猫の悩みから解消されています。

まとめ

今回はお庭でいたずらをする猫を撃退する「猫除けグッズ」を紹介しました。

簡単に試せるのは”におい”で猫をよける忌避剤ですが、野良猫には効果があっても飼い猫には効果が薄い。

物理的に猫が侵入しにくくさせるトゲのあるシートもあるが、広い面積には向かない。

私が一番おすすめするのは”超音波”で猫を脅かす超音波猫撃退機。

猫がセンサーに反応すると、人の耳には聞こえない超音波を発して猫を脅かします。

この音は人の耳には聞こえない音なので、設置したままでも生活に使用はありません。

猫の被害に本気で困ったならぜひ使ってみてくださいね(≧▽≦)

では、皆様よい園楽を~(。・ω・)ノ゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です