塩水で育てる?アイスプラントの育て方、鉢植え・水耕栽培メリット・デメリット

アイスプラント-表紙

家庭菜園で野菜を育てるなら、お店で売っていないようなちょっと変わった野菜を育ててみたいと思いませんか?

比較的簡単に栽培できて、珍しい野菜。それなら『アイスプラント』がおすすめです。

なんとこの野菜。そのままで塩の味がするんです(゚Д゚)!

食感はプチプチと弾ける水滴ような粒々が葉の周囲についていて、いいアクセントになります。

さらには、血糖値改善作用や肝機能改善効果が期待できる、今話題の健康野菜なんです(≧▽≦)

アイスプラントってどんな野菜?

さっそく、アイスプラントを見てみましょう。

これが『アイスプラント』です。茎や葉の表面に水滴のような”つぶつぶ”があるのが特徴。この水滴のような粒が氷の粒のように見えることから『アイスプラント』と呼ばれるようになりました。

「あれ?これなんか別の名前で八百屋さんで見たな(?_?)」そう思う方もいるかもしれないですね。

じつは、栽培している地域・メーカーごとにオリジナルの名前を付けて販売されているためいろんな名前でお店に並ぶことがあるんです(^_^;)

ソルトリーフやバラフ、クリスタルリーフ、プッチーナ、ツブリナ、ソルティーナ、シオーナなどなど……

各社が商標を取ってブランド化しようとしてるんだけど、名前がごちゃごちゃしすぎて逆にわかりにくくなってる(^_^;)

それぞれ選抜や改良がくわえられてるのかもしれないけど、ほとんど違いはないです。

フランスではフィコイド・グラシアル(ficoïde glaciale)と呼ばれて昔から食材として使われてきた経緯があります。あまり見たことのない野菜だから手を出すのが不安かもしれないですが、それなりに歴史のある野菜なので安心して食べてくださいね。

アイスプラントは何の仲間?

こんな植物見たことない(@_@)

いったいアイスプラントは何の仲間なんでしょうか?

アイスプラントは (学名:Mesembryanthemum crystallinum)はハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物。

メセン・・・・そう、多肉好きの方なら知っているかもしれないですね。メセン・リトープスといった石ころのような多肉植物。その仲間なんです。

見た目はかなり違って見えるけど、花を見るとなんとなく似ていますよね(*’▽’)

さらに見た目の近いものだと、花苗の「リビングストーンデージー」や「マツバギク」の方がイメージしやすいかもしれないですね。

どれも多肉質の葉を持ち、原産地は砂漠地帯なので水はけのいい土を好みます。

アイスプラントの味

アイスプラントの塩味の秘密は、水滴のような”つぶつぶ”この粒は ブラッター細胞と呼ばれ、中には土中から吸い上げた塩分が含まれているんです(”ω”)ノ

普通の植物は塩水の多い環境では植物の水分が吸い出されしおれてしまいます(塩害)

漬物を作るとき塩水に浸すと水分が抜けてしおしおになるのと同じ原理ですね(”ω”)ノ

しかし、アイスプラントは砂漠の厳しい環境で塩水でも無駄にできない。そのため吸収した塩分を ブラッター細胞に閉じ込め排出することで体を守るように進化したんです(゚Д゚)ノスゲー

私たち人間が食べると、その塩を含んだ細胞がはじけるので、プチプチした食感とさわやかな塩味を感じることができるんです。

野菜としての味は「青くささ」や「変なくせ」もなく、肉厚の多肉質の葉がひんやりした印象を与えます。食感としては海ブドウに近いですね。

サラダや炒め物、おひたしなど様々な料理で利用できます。

あらかじめ塩味が含まれるので、料理の際は塩分控えめで調理しましょうね。

アイスプラントを食べすぎて塩分過剰にならない?

アイスプラントに含まれる塩分量はごくわずか。100gあたり0.6g程度です。1日当たりの塩分摂取量までアイスプラントを食べるには1㎏以上食べない限り問題ありません。そんなに食べれないよね(^_^;)

アイスプラントの効能

アイスプラントは過酷な環境に耐えるためピニトールやプロリンと呼ばれる環境適合溶質を合成することで、植物体を防御していることがわかっています。

このピニトールには、人間の血糖値改善作用や肝機能改善効果が有るとされ、糖尿病の予防や美容用途の化粧品・サプリメントなどに利用されて商品化されています。

美味しく食べて健康になれる。すごいぞアイスプラント!(≧▽≦)!

アイスプラントの育て方

さあ、最近はお店で見かけることも多くなったアイスプラントですが、お店ではまだまだ高い(^_^;)

でも、実は簡単に家庭菜園で栽培することも可能です。成長も早いので収穫までも時間はかかりませんよ。

アイスプラントは種から育てる?苗から育てる?

アイスプラントは種でも販売されます。ですが、家庭菜園で育てるなら苗で購入するのがおすすめです。

なぜかというと、アイスプラントのたねは細かく、発芽率もあまりよくありません。なれていない方だとうまく芽出しできないことが多い。最近は苗も販売が増えてきているから、苗からの方が失敗なく育てることができると思いますよ(≧▽≦)

ちなみに暑さが苦手なアイスプラントは栽培適期はトマトなどより若干早め。種まきは2~3月、苗からの栽培は4月ごろからがおすすめです。秋にも苗が9月ごろから販売されることもあります。比較的寒さにも強いけど冬になる前に収穫しなくちゃいけないから秋の栽培も早めにスタートしましょうね。

アイスプラントを育てるのは土で育てる?水耕栽培?

アイスプラントの育て方を調べると、水耕栽培で育てよう!と書かれていることが結構多いです。はたしてアイスプラントは土での栽培がいいのか?水耕栽培の方がいいのか?

絶対ではありませんが、おすすめとしては土で作ったほうがいいと思います。

特に水耕栽培に慣れていない場合は特にです(>_<)

水耕栽培は単に水に浸けておけばいい、というわけではないんです。

水耕栽培は難しい

スプラウトくらいならスポンジに乗っけて水を与えるだけでも育ちますが、株を大きく育てて収穫するとなると水が傷まないように交換したり、水耕栽培に適した液体肥料をあたえたりと結構大変。

アイスプラントを栽培する農家さんはほとんどが水耕栽培ですが、これは水耕栽培のシステムが確立されている施設で育てているから。

水につけっぱなしで放置しているわけではありません。家庭用でも水耕栽培用の小型のセットが販売されているのでそういったものを使えば上手に育てることはできると思います。

水耕栽培の利点は、土を使わないので清潔。余分な土中成分を含まないこと。専用容器なら光も手入れもほとんど機械にお任せだからすごく楽です。

専用容器を使わないならば、普通に土に植えた方が簡単に育てられますよ(≧▽≦)

アイスプラントは畑に植えないほうがいい。

アイスプラント栽培のデメリットがこれ。畑栽培には向かないんです(*_*)

アイスプラントは塩分を含めて土の中のあらゆる成分を吸収してあの粒々の中に蓄える性質があります。その中には塩分だけでなく、有害な重金属なども含まれる場合があります。

まあ、普通の畑にそんな危険なものは含まれていないので大丈夫でしょう(^_^;)

それよりまずいのは「塩害」の問題。

アイスプラントの特徴「塩味」をつけるには土に塩水をまいてアイスプラントに吸収してもらわなければいけません。そうしないとただの肉厚の葉っぱです(=゚ω゚)ノ

塩味をつけるには収穫の2~3週間前から”2%くらいの濃度の塩水”をアイスプラントの周囲に与える必要があります。(1Lに20gを溶かして作ります)

アイスプラントにはこれで塩味がつきますが、吸収されなかった塩分は畑に残り、ほかの植物の成長を妨げてしまいます(゚Д゚)ノ

塩分はなかなか取り除くことが難しいので、畑に塩水をまくのはやめたほうがいいです。

アイスプラントは「鉢栽培」がおすすめ

アイスプラントは幸いそんなに大きくなる野菜ではないので、6~8号(20~25cm)くらいの鉢のサイズがあれば十分です。

アイスプラントは多湿を嫌うので、水はけのよい土を選ぶようにしましょう。普通の花野菜の培養土でもOKです。水は控えめに。やりすぎに注意しましょうね(゚Д゚)ノ

2週間に一度、野菜用の肥料を与えて育てましょう。

育てる段階では普通の水で構いませんが、収穫の2~3週間前から ”2%くらいの濃度の塩水”をアイスプラントの周囲に与えて育てます。

アイスプラントの収穫はいつ?

アイスプラントは植え付けると初め大きな葉が周囲に広がるように展開し、 1か月ほどで次々に脇芽が伸びてきます。アイスプラントはこの脇芽を収穫して利用します。

葉が大きくなると食味が落ちるので早めに、次々に出てくる脇芽を収穫していきましょう(゚Д゚)ノ

アイスプラントで利用するのは、この脇芽です。はじめに出てくる大きな葉は栄養を作るのに重要なので、収穫してしまうと生育が悪くなります。

伸びてくる脇芽を摘みながら栽培すると、長く収穫を楽しむことができますよ!

また、伸びた脇芽は切り口を乾燥させて、挿し木用の土に挿すことで挿し木で増やすことも可能です。

まとめ

アイスプラントについてわかっていただけましたか?

他にはない特別な食感。味わいをぜひ楽しんでくださいね。

塩味を生かしたサラダなどがおすすめ。炒めて食べても美味しですよ。

でも、『味噌だれとアイスプラント』は相性が悪くまずいと、ネットで話題です(^_^;)

まだ食べたことないですが、みそだれでアイスプラント食べた方感想コメントでくださいね。

では、皆様よい園楽を~(。・ω・)ノ゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です