日陰でもOK(≧▽≦)夏すみれ~トレニア~

お花屋さんの花も夏のお花に代わってきましたね(≧▽≦)

夏の花といえばマリーゴールド・ベゴニア・ランタナ等々。
どれも日当たり大好き!
太陽の光が必須。まさに夏の花。

とはいっても、お庭は日当たりばかりではありません(´;ω;`)ウゥゥ

中にはちょっと日当たりが悪きけどお花を飾りたいっって場所もありますよね。

「なつすみれ」はこれだ

そんな時おすすめなのが「夏すみれ」トレニアです(≧▽≦)

「すみれ」とはいってもパンジーやビオラの仲間ではなく、トレニア属の一年草。
トレニア属は研究によって分類がバラバラ。ゴマノハグサ科だったり、アゼナ科だったりオオバコ科だったり。書籍によってまちまちだったりします。
もとはゴマノハグサ科だったものが、細かく分類されてアゼナ科が作られたってことみたい。これからも変更があるかもね。

原産地は熱帯アジア、アフリカなので寒いのは苦手。寒さに当たると紅葉し、さらに寒くなると枯れてしまう一年草。だけど、非常に丈夫でこぼれ種で翌年も咲くことがあるらしい。

花は6~10月と長く楽しめるので夏花壇には最適(*’▽’)

なんだけど強い日差しがちょっと苦手なのと、極度の乾燥で花数が減るので、半日陰での栽培がおすすめ。

”這うタイプ”と”こんもりタイプ”どっちがお好み?

トレニアにはこんもり茂るタイプと、横に広がる這性タイプがある。

ラベルのない一般苗で販売されているのはほとんど”こんもり”タイプ。

対して、ラベル付きで販売されるものは横広がりが多い。

サマーウェーブ

有名なのはサントリーのサマーウェーブ。

横広がりするタイプは釣り鉢やスタンドカップで映えます(≧▽≦)
こぼれるように咲く姿は美しい~(*’ω’*)

おすすめは這性タイプ

やさしいブルーのトレニアカタリーナブルーリバー(≧▽≦)

一株で60㎝にも育つから、少ない数でボリュームいっぱいに育てられます。
特に夏の暑さに強く改良されているから、夏バテしにくく秋まで楽しめますよ~

ちょっとした木陰に釣り鉢でしたてると涼し気(*’ω’*)
もちろんアレンジの前面に入れて豪華に垂らすのもよし。

ペチュニアなどと同じように外に向かって咲き進んでいくから、伸びすぎたら一度切り詰めてあげるといいですよ~。また次々花を咲かせて秋まで楽しめます。

切り損ねるとビロビロ伸びすぎて中心が寂しくなるのでご注意を、

夏バテ防止には植物のユンケル・リゲインこと、メネデールがおすすめ。
暑さに負けないでよく育ってくれますよ~

参考:活力剤は肥料じゃない

半日陰向きの夏の花はほかにも、インパチェンスなんかもあります。
こちらも近日ご紹介しますね(*’▽’)

では~

日陰でもOK(≧▽≦)夏すみれ~トレニア~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です