マイナーな方の七草~秋の七草を見なおそう~

​秋の七草を知っていますか??

春の七草と言えば、七草粥。

せり・なずな・おぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ、これぞ七草。

これは結構有名だし、時期にスーパーに行けばいろいろなセットが販売されていますが、秋の七草についてはほとんど紹介されていないようです。

 春の七草と違って食べるものではなく、秋の季節を感じさせる花が中心となっています。

「秋の七草」は、万葉の歌人、山上憶良(やまのうえのおくら)歌に詠んで広まったとされています。


• 『秋の野に 咲きたる花を 指折りかき数ふれば 七種の花』 (山上憶良 万葉集 一五三七 巻八)
• 『萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花』 (山上憶良 万葉集 一五三八 巻八)

​ハギの花

​尾花(ススキ)

​葛花(くず)

​ナデシコの花(カワラナデシコ)

​女郎花(オミナエシ)

​フジバカマ

朝顔の花

 ??アサガオ??なんか違う??

 いえいえ、山上憶良の歌に詠まれる”朝顔”は、今の一般的な解釈はキキョウだと考えらえています。

 ややこしいですね(; ・`д・´)

 ほかにもムクゲだ、イヤイヤアサガオだなど、諸説あるようですが、キキョウ説が有力なようです。

 せっかくなので、次回からはそれぞれの花について少しお話ししようと思います(^^♪

秋の七草でよい園楽を~(。・ω・)ノ゙

マイナーな方の七草~秋の七草を見なおそう~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です