なまけものの木、百日紅”(-“”-)” さてなんて読むでしょうか?

​答えはこの花↑(^^♪

これでもわかりませんか??
確かに、花だけ見てもわからないかも・・・

それならこれでは

​特徴はつるつるした幹肌・・・( ˘ω˘ )

そうです、『サルスベリ』サルスベリを漢字で書くと百日紅なんです。

これは中国の名前で、長い間赤い花が咲き続けることからついた名前。その漢字を日本語に当てはめたんですね。
ちなみに千日紅もありますがこれは普通に「センニチコウ」と読んで一年草の草花で関係ないです(;´Д`)

​意外と知らないサルスベリの秘密

​サルスベリは ミソハギ科サルスベリ属の落葉中高木。6mほどになるが近年は矮性種などの小型品種も登場して利用の幅が広がっている。

原産は中国南東部。熱帯の木のくせに耐寒性が強く、東北地方でも問題なく栽培できる。
花色は赤白ピンク紫と多岐にわたり、近年はピンクに白い覆輪の「夏祭り(ペパーミントレース)」なども登場して人気。

​夏の間、長~く咲き続けるからお庭の庭園木としても利用価値が高い\(^o^)/

そして何より特徴的なのは!!!

葉のつき方!!!!!!!

(@_@)え?っと思われた方がいても仕方がない。確かにもっと特徴的と思われるのは「ツルツルした幹肌」でしょう。

細いうちは地味な雑木肌だけど、子供の腕くらいの太さになると表面の皮が剥がれツルツルした幹肌に変わります。

でも、これって他の木にも見られるんです、例えばシャラ・そしてヒメシャラ。

​この木も別名サルスベリ、って呼ばれるんですよ~(^o^)

まあこれも珍しいんだけど、個人的には葉のつき方はこれより珍しいと思っています。

そして本題、珍しい葉のつき方。

サルスベリは「コクサギ型葉序」と言って2枚ずつ右左につくんです。

コクサギ型葉序とは??

なんでもいいから葉っぱのつき方をよ~く観察してみよう\(^o^)/

大体の木は葉が右左揃ってつく「対生」、右左互い違いにつく「互生」のどちらか。

他にも色々あるんだけど、多くはこの2つ。

​でもサルスベリは右左2枚ずつ交互につく「コクサギ型葉序」

このつき方はかなり珍しい。名前の通りコクサギ属の植物の葉のつき方なんだけど、普段お目にかかる植物ではサルスベリくらいしかないんじゃないかな?

じっくり見るとかなり面白いのでぜひ観察してくださいね(@_@)

最後に表題「なまけもの」とは?どういうことか

​サルスベリの木、実は芽吹きがかなり遅い^^;
あれ?他の木は青々してるのに、枯れちゃったのかな??なんて心配になるころから葉が出てくる(*_*)

さらには、落葉も早い。
9月の終わりには黄色くなってハラハラ落ちる。
芽吹きが遅いのに葉を落とすのも早い。眠ってる時間が長いので「なまけものの木」なんて言われたりします(*_*)

でもサルスベリは庭木としての利点も多い。
まずは、他の木に花が少ない時期に長く咲くこと。

そして、剪定がかんたんなこと
サルスベリは冬どこで切っても大丈夫\(^o^)/

花芽は春に伸びる新芽につくからバシバシ切れる。芽吹きもいいからどっからでも枝を吹きます。

更にさらに、挿し木がかんたん!「逆さに挿しても根付く」なんて言われるくらい(ほんとに逆さに挿してもだめですよ^^;あくまで比喩です)かんたんに挿し木できます。

結構太い枝でも挿し木ができるから、選定した枝が手に入ったらぜひ挿し木に挑戦してみよう\(^o^)/

​​サルスベリの魅力、少しはわかっていただけたでしょうか?

今まではうどんこ病に弱いと言われていましたが、近年は沖縄や台湾に自生する「シマサルスベリ」との交配で病気に強い品種が作られ人気急上昇中(*’▽’)

お庭のメインツリーとしても検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です