家庭菜園ジャガイモの育て方裏ワザ。実践編

ジャガイモの育て方実践

みんな大好き!ジャガイモ(≧▽≦)

奥の深いジャガイモを何回かに分けて紹介してきていますが、今回ついに最終章。

準備した種いもを植え付け、育てて収穫までを解説していこうと思いますヽ(^。^)ノ

スタンダードな植え方のほかに、裏技的な栽培もあわせてご紹介します。さあ、ジャガイモを植えよう!

ここでは一般的な春植えジャガイモについて紹介します。

ジャガイモの品種や種いもの準備については過去の記事で紹介しているので、今回は浴光催芽が完了した種いもを植え付けるところからスタートです。種いもの準備がまだの場合は準備編からご覧くださいね(゚Д゚)ノ


ジャガイモを植えよう!畑の土づくり

育てるには畑が必要。

プランター植えならすぐに準備できるけど、畑の土作りはそうは行きません。

できれば1ヶ月前、浴光催芽と同時にスタートするといいですね。

石灰はいらない。土は酸性がいい!

まずは畑の土作りをしましょう。とは言っても、ジャガイモの場合耕すくらいで十分。水はけの良い土地であれば何も入れないでいいくらいです。

とはいえ、極端に酸性が強い場合は石灰で中和します。ジャガイモの好む酸度はPh5.5~6なので普通はそのままで大丈夫なはずです。

気になる方は酸度測定器などで畑の酸度を測って調整しましょう。

作物によって好む土壌酸度は違うので、一個持っていると便利ですよ(*´ω`*)

たい肥と元肥を入れる

完熟たい肥を2~3㎏/㎡。肥料はパッケージに表示された分入れてよく耕します。

できれば2週間以上前に行っておくのがベスト。植え付け直前に土づくりする場合は肥料は株間に与え、根が肥料やけしないようにしましょう。

畝を作ろう。

ジャガイモは水はけのいい場所でないとうまく育ちません。そこで、畑に畝(うね)を作ります。高さは10~15㎝、幅60~80㎝位。

種いもを植えよう!

適期になったら畝に種いもを植えます。畝の中央に7~8㎝の深さで溝を掘り、種いもを30㎝間隔で植えます。

芽が出てきたら10㎝くらいでいい芽1~2本を残して摘み取ります。

株の成長に合わせて株元に土を寄せていくと、種いもの上に新しいイモができてきます。

これをよく覚えてください(゚Д゚)ノ イモができるのは、植え付けた種いもの「上」です。

種いもを植えよう向きはどっち向き?

一般的な植え方では切断面を下、芽を植え向きにして植え付けます。

すると絵のように、芽か伸びて種いもの上に新しいイモを作ります。ジャガイモは光に当たると緑色に変色し、毒を生成するので光に当たらないように土を寄せて小山状にします。

芽かき作業

イモから何本も芽が伸びると、力が分散して小さいイモしかできなくなります。そのため一番強い枝1~2本を残し摘み取るようにします。

土寄せ作業

イモは地表面近くにできるので、光に当たらないようにこまめに土を寄せる必要があります。

イモが土から飛び出して日に当たると、緑色に変化し、そのいもは食べられなくなってしまいます(゚Д゚)ノ

緑になったイモは毒なので食べちゃダメですよ~。

裏ワザ植え付け①脇芽で大量栽培。

ジャガイモを植えた後、芽がある程度自分で栄養を作れるくらいまで育ったら、イモごと掘り上げ、根をつけて種いもから外してしまいます。

こうしてとった苗を1株として畑に植えていくと、1個の種いもから多いと10本もの子株を作ることができます。

ちょっと時間がかかるけど、お得に苗を得ることができます。

植えてからは普通のジャガイモ栽培と同じ管理で大丈夫です(≧▽≦)

裏ワザ的植え付け②土寄せ要らず。逆さ植え黒マルチ栽培。

切断面を下にして、脇芽を取って土寄せして、というのが普通の栽培。

ですが裏技栽培はイモの切断面を上、芽を下に向けて伸ばします。イモを植えたら黒マルチを敷きます。

芽はいったん下に伸びてから地上部に出てきます。なかなか地上に出れないので弱い芽は淘汰されるので、芽花きは不要!

黒マルチが持ち上げられたら、芽が出るように小さく穴をあけてジャガイモの葉を出してあげます。

マルチの下では、種いもの下と横にあたらしいイモができます。黒マルチによって光も遮られているので土寄せも不要なんです!

これが「逆さ植え付け黒マルチ栽培」(゚Д゚)ノ

収量も多く取れて、手間もかからないのでおススメです。

葉が黄色くなったら収穫です

花が咲いて、葉が黄色くなってきたら収穫です。一部土を掘ってイモの出来具合を確認して、いいようならイモを掘り出します。

ジャガイモは濡れた状態だと腐りやすいので、できるだけ天気のいい日を選んで掘り上げ、乾燥させてから取り込みましょう。

あまり長く日に当てていると、緑色になって食べられなくなるので注意ですよ(゚Д゚)ノ

まとめ

ジャガイモ栽培は家庭菜園でも比較的簡単で人気の作物です。

畑で通る場合は肥料過剰に注意しましょう。やせ地の作物なので、肥料が多いと葉ばかりが茂ってイモが小さくなってしまいます。

プランターや用土の袋でも栽培可能。その場合は深さのあるプランターを用意して初めは半分くらいの深さに植えて、成長に合わせて土を足していくようにします。

用土袋栽培も同じ。半分くらいに土を減らし水が抜ける穴をあけたら中央に種いも1個を置いて育てていきます。成長に合わせて土を足していくと袋の中にイモがたくさんできますよ(≧▽≦)

今年はぜひジャガイモ栽培にチャレンジしてください。

では、皆様よい園楽を~(。・ω・)ノ゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です