出世魚ならぬ、出世豆??エンドウ豆のお話

「出世魚」とは、成長するに従い呼び名が変わる魚のこと(^^♪

有名どころではボラやブリなどが有名。

実は植物にも成長によって名前が変わる野菜があるんです(゜o゜)

それがエンドウ豆!

まあ、正確には利用する時期によって品種がちがうから、厳密に同じ植物とは言えないけどね(;^ω^)

 

ではさっそく、エンドウ豆の成長を追ってみよう!

まずは種、豆の段階から。

*青と赤がある完熟豆

エンドウ豆。誰もが知っている豆の代表٩( ”ω” )و

でも、エンドウっていっぱいあるよね、絹さやエンドウ・スナップエンドウなど、実はそれ以外にもエンドウっていっぱいあるんですよ。

まずはいわゆる「エンドウ豆」これは完熟の豆を利用するもので、青えんどうと赤えんどうがありますヾ(≧▽≦)ノ

でも、あんまり利用することも、見たこともない(。´・ω・)?

いえいえ、きっと見たことあるはず。青えんどうは甘納豆やうぐいす豆に赤えんどうはあんみつの中に入ってる豆、として利用されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント5倍】【送料無料】甘楽遊味 築地あんみつ 5人前
価格:3780円(税込、送料無料) (2018/1/12時点)

まあ、家庭での利用は少ないかな。

では、この豆をまいて芽を出すと・・・・

豆苗はエンドウ豆のスプラウト!

豆の状態から芽を伸ばしたもの、豆苗はエンドウ豆の新芽ですよ(^^♪

栄養抜群で人気。豆から伸びた新芽を食べることを総称して「スプラウト」と呼びます。他にブロッコリー、はつかだいこんなんかが有名。

 

シューマイの上の載ってるあれ

そして、未熟な豆を利用するのが「グリーンピース」

固くなる前に収穫します。甘くておいしー。

豆ごはんにしてもいいですよ(*´▽`*)

シューマイの上に載っているグリーンピースは乾燥してパサパサだったから嫌いだったけど、採りたてはすごくおいしいヾ(≧▽≦)ノ

さらに青臭さを減らし、皮も薄くなったうすいえんどうは関西を中心に人気(^^♪

ここまでは 硬莢種(こうきょうしゅ) と呼ばれる莢が固くて食用にできないもの。

でも現在の家庭での主流は 軟莢種(なんきょうしゅ) と呼ばれる莢も柔らかく、そのまま食用にできる仲間。

どっちが正解?スナップorスナック

軟莢種の代表的なものは

 

スナックエンドウ(スナップエンドウ)これは未熟な豆を莢ごと食べるエンドウ豆。

ところで、気になるのが「スナック」なのか「スナップ」なのか(。´・ω・)?

結論を言うと正解は「スナップエンドウ」

なぜかというともともとこの豆はアメリカで作られたもの。スナップとは英語の「ポキンと折れる」や「パチンと音をたてる」といった意味を持つ、snap=スナップが元。

それが日本で発売される際に、日本人に親しみやすい「スナックのように食べられる豆」としてスナックエンドウとして売り出したことが原因らしい。

国としては「スナップエンドウ」で統一するように指示を出しているようだが、いまだにスナックで販売されることも多く、両者が混在する事態に・・・だからまあ、正確にはスナップだけどどっちでもいいみたいですね(;^ω^)

さらに若い豆

まだ中の豆も育たないような若い状態で食べるエンドウがさやえんどう。

その中に、キヌサヤやオランダ豆(ちょっと大きなさやえんどう)などがある。

どれも大きいくくりでは「エンドウ豆」だけど、それぞれ一番おいしい状態で食べるのがいい。

さやえんどうももっと育てばやや中のまめは大きくなるものの、莢が固くなっておいしくない。

もちろん硬莢種のグリーンピースを若どりしても莢は固くて食べれません(;´・ω・)

育ててみようエンドウ豆!

育て方は比較的簡単。種まきの時期は「秋」芽を伸ばした幼苗の状態で冬を越し、初夏に収穫となります。

暑いのが苦手だから春まきではあまり育てない。

2~3月なら早春植えのポット苗で販売されることもあるから、お花屋さんに聞いてみよう!(^^)!

土は酸性土壌を嫌うからしっかり中和して、肥沃な畑に。つるがあってそこそこ高くなるから1mくらいの支柱があるといいですね(^^♪

豆の仲間はあまり肥料を必要としないので、追肥は1回でOK2月ごろに野菜の肥料を与えて乾燥しないようにだけ注意。

収穫後は夏野菜のトマトなどを栽培しても間に合うから畑の有効利用にも便利。

ぜひ挑戦してくださいネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です