秋冬の家庭菜園に簡単野菜「玉ねぎ」

JUGEMテーマ:家庭菜園

玉ねぎといえば、誰でも知っている定番野菜。

結構簡単に家庭でも栽培できるって知っていますか?

春にはに長ネギの栽培をおすすめしましたが、実は玉ねぎも簡単なんです(*´ω`*)

*玉ねぎを知ろう!

タマネギは漢字で書くと「玉葱」(学名:Allium cepa) ヒガンバナ科ネギ属の多年草。

そう、あのヒガンバナの仲間だったんです(゚∀゚)

とは言っても、大きなグループの中で分類される別々のグループに属するので、もちろん食用のネギと毒のあるヒガンバナは全く別物なのでご安心を(*´ω`*)

でも、犬猫は玉ねぎを食べさせると「玉ねぎ中毒」という障害が起こるから注意が必要だ。

通常は花が咲く前に収穫するからみることはないが、玉ねぎもやっぱり「ねぎぼうず」と同じ白い玉状の花を咲かせる。

種子を採るために花を咲かせている写真を見ると、普通にきれい(*´ω`*)

紫タマネギは花も紫で、こっちはさらに美しい!ギガンチュームみたい!!

 

これがギガンチウム。リンク先の花と見比べてみて(*´ω`*)

*タマネギを育てよう!

タマネギの栽培は、時期によっていろいろな方法があります。

8~9月頃、この頃は球根野菜として「ホーム玉ねぎ」が販売されます。

これは小さなタマネギの赤ちゃんを植えて、大きく育てると言うもの。

利点は、収穫が早い!

夏植えて年内収穫も可能。もうタマネギになっているから後は大きくするだけで失敗も少ないのがいいですね(*´ω`*)

9~10月頃、この頃は種まきシーズンです(゚∀゚)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【種子】タマネギ泉州黄玉ねぎトーホクのタネ

価格:324円(税込、送料別) (2017/11/1時点)

ポットなどに苗を作ってから畑に植えるので、手間はかかるけど一番安くできます。たくさん作りたい場合はイチバン。

品種も色々選べるのも嬉しい(*´ω`*)

10~11月、すでに寒くなってきているので、苗で植えつけます。

農家の方がタネから立派な苗まで育て上げてくれています。

ポット植えか、上のように引っこ抜いて根っこむき出しの束で販売されています(・o・)

大丈夫なのか?と、心配になるけど、これが全然大丈夫(゚∀゚)

ピンとしているに越したことはないけど、多少萎れていても植えたらほとんど根付きます。すごい生命力。

タネほど安くないけど、苗作りの手間はいらないし、プロが作った苗なのだから安心して植え付けできます。

家庭菜園でタマネギつくるならこの苗が一番オススメですね。

*簡単!タマネギ栽培!!

今から植えつけて、収穫は5~6月になります。

酸性土壌を嫌うから石灰をしっかり施し、たい肥、元肥をしっかりすき込んでおきます。

特にリン酸分がしっかり入っていると球が大きくなるので、重要(゚∀゚)

プランターでも栽培できるから、ベランダでもチャレンジできますよ~。まあ、プランターに10本程度しか植えられないので、大量のプランターを用意するか、お友達と分けるといいですね(^_^;)

大きな球に育てるには肥料が重要。苗を植え付けてから2週間後に1回目の追肥。

その後2回目の追肥は1月の中旬、3回目の追肥を2月~3月の上旬に与えます。

上に書いたように春になるとタマネギに花が咲くことがあります。

これ咲かせてしまうと、美味しくなくなるので蕾のうちに必ず摘み取りましょう。

摘み取った「ねぎぼうず」は天ぷらにすると美味しいらしい(゚∀゚)

どうやら、「タラの芽」に似ているとかいないとか?!

今度機会があれば試してみたい(*´ω`*)

5~6月にタマネギの葉が倒れてきたら「収穫」のサインです(*´ω`*)

倒れて約1週間後くらいがベスト。掘り上げたら吊るして乾燥させると長期保存可能。

タマネギは保存が効くから多少多く作っても困らないのがいいですよね。

特に長期保存を予定するなら、晩生種(収穫が遅い品種)のほうがオススメ。うまく保存すれば冬まで食べられます(゚∀゚)

いかがですか?

初めての人も失敗が少なく、面倒な手入れもほとんど不要な家庭菜園の入門種。

場所が空いているなら、ぜひ育ててくださいね。寒くなる前の今がチャンス!!!

あ、でも春に野菜を育てる予定のある方。5~6月まで畑を占拠されるので、トマトなどを予定されている方は栽培計画をしっかり立てて畑の区分けしましょうね(゚∀゚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です