夏花壇の主役、マリーゴールドは死者の花??

夏の暑さにも負けず、黄色やオレンジの花で我々の目を楽しませてくれるマリーゴールド。

虫もつきにくく丈夫で育てやすいことから、花壇やプランターなど様々な場所で見かけますね(^O^)/

そんなありふれたマリーゴールドですが、以外に知らないことも多い。今日はそんなマリーゴールドのうんちくを集めてみました。

マリーゴールドとは何者か?

 一度は目にしたことのある花、マリーゴールド。

 マリーゴールドはキク科コウオウソウ属(Tagetes patula)の一年草。春から秋まで咲いて冬には枯れてしまいます。

 キク科なので、マリーゴールドの花は1個に見えても、実はあの花びら一枚ずつが本当の一個の花。

その小さな花がいくつも集まって一つの大きな花に見せているわけです。たんぽぽやヒマワリも同じキク科の仲間ですね(*^_^*)

コウオウソウ属というのは殆ど聞いたことないですが、これはマリーゴールドの和名、コウオウソウ(紅黄草)からきています。

紅黄草なんて言われてもピンとこないですね(-.-;)

最近はタゲテスの名前で園芸品種が販売されている近縁種もありますね。

レモンの香りがするので「レモンマリーゴールド」なんて呼ばれたりもします(*^^*)

ちなみに、よく見る普通のマリーゴールドは「フレンチマリーゴールド」アフロ頭みたいな丸く大きな花を咲かせるのを「アフリカンマリーゴールド」といいます。

でも、マリーゴールドはフランスにもアフリカにも自生してないんです(゚Д゚)

アフリカンでもフレンチでもない。ホントはメキシカン

一番ポピュラーなのがこれ、フレンチマリーゴールド。基本は黄色とオレンジだが、濃いオレンジや赤いものまで最近はいろいろな品種が出てきている。

 これなんて斬新(@_@。

そしてコチラが「アフリカンマリーゴールド」

まんまるの大きな花が特徴。アフロみたいだけど、アフロマリーじゃなく、アフリカンマリーですよ(^^)/

アフリカンにはバニラという白花もあってこれもきれいですよ~

白花は苗であまり売ってないんですよね(´・ω・`)

この2品種とも原産はメキシコ。アフリカにもフランスにも自生はないのになぜフレンチ、アフリカン?

これは園芸名には多々あることなのだけど、はいってきた過程で間違って名付けられたのがそのままになっている。ということらしい。困ったものだ。(´・ω・`)

マリーゴールドは死者の花?

すべてのマリーゴールドではなく、アフリカンマリーゴールドがメキシコでは死者の花として扱われています。

花の香のエッセンシャルオイルを抽出して遺体を洗ったり、花を墓地に植える風習があるため死者の花と呼ばれるようです。

日本で言うところの「菊」や「彼岸花」といったところでしょうか。

日本では仏壇用の菊や彼岸花を花壇で楽しむことは少ないかもしれないけど、ポットマム・ガーデンマムやリコリスといったように海外では普通の園芸植物として扱われています。

所変われば・・・ということですね^^;

マリーゴールドはハーブティーにもいい?


黄金色のマリーゴールドのハーブティ。香りは殆ど無いけどきれいな色と風の予防効果から人気の高いハーブです。

「家にもいっぱい植えてあるからハーブティにしようかしら?」と思ったあなた!ちょっと待った!!!

ハーブのマリーゴールドはマリーゴールドじゃないんです!!

このハーブに使われているマリーゴールド。正確にはポットマリーゴールドといい、学名はCalendula officinalis。カレンデュラ・オフィシナリス。

カレンデュラつまりは「キンセンカ」のことなんです(´・ω・`)



なんだかごっちゃになって紹介されていることもあるようですが、マリーゴールドは食べれません。ポットマリーゴールドつまりキンセンカの品種に食用のものがあるということですね。

まあ、かなり独特の香りがあるからお茶にしてもまともにの飲めたものではないと思う^^;

誰か挑戦したら教えてください。あ、でもお店で売っている花は農薬がかかっているから自己責任でお願いしますね。

マリーゴールドの虫よけ効果はどの程度?

「マリーゴールドは虫よけ効果があるから植えたら虫が来ない!!」というのは、嘘!

 確かにマリーゴールド自身はほとんど害虫の被害を受けることがない丈夫な植物ですが、その効果が周囲にまで及ぶかは殆どわかってません(´・ω・`)

それでもマリーゴールドが虫除け効果がある。と思われているのは、正確には「線虫の予防に効果がある」というのを拡大解釈して覚えてしまっているのではないでしょうか。

確かにマリーゴールドには線虫を退治する力を持っています。これは科学的にも実証され実用例もおおくあるので間違いのない事実。だけど線虫というのは、土の中にいる糸くずのような生き物のこと。それが侵入すると特に根菜類のじゃがいもやダイコンに被害を与えることがあり、その予防としてマリーゴールドが使われています。

効果があるのはその線虫なので、アブラムシや飛来する虫まですべて守ってくれるわけではないんです。

マリーゴールドの防虫効果


直接の防虫効果はイマイチだけど、マリーゴールドを植える利点はあります。

野菜に外を与えるアザミウマは黄色に惹かれる性質があるから、野菜よりも近くにあるマリーゴールドに集まる性質があるんです。

さらに、そのアザミウマを狙って益虫(アザミウマを餌にする)虫が集まり、結果として野菜を害虫から守ることにつながっているんです。

結果的にこれはもう防虫効果があると言っていいですね(^^)/

苗の値段も安く100~200円程度で買えて、丈夫で誰でも育てられる。ほとんど枯れる心配もなく秋まで咲き続ける。

更に虫除け効果まであるとなったら、もう植えるしかないですね\(^o^)/

今年はお庭一面マリーゴールド畑にしてしまいましょう!!

夏花壇の主役、マリーゴールドは死者の花??” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です