観葉植物からコバエがでた~~~!時の対処

お部屋に観葉植物が一つあると気持ちがいいですよね(^^♪

でもその植物に虫が発生したら?!

植物に多い害虫は、アブラムシ・カイガラムシ・ハダニ、これらはお店に行くと専用殺虫剤が売っているんだけど、こまるのが
コバエ(;´Д`)

殺虫剤で一回は退治できるんだけど、すぐにまた現れる。今日はそんな困った『コバエ』について。

コバエは植物から発生していない?!

家に取り込んだ観葉植物や、植え替えたばかりの観葉植物から突然発生するコバエ(゚Д゚)ノ

​まるで観葉植物の樹液を吸っている害虫のようにも見えますが、実はほとんど植物には害がありません

発生源は植物本体……ではなく、ほとんどは鉢の中の「土」や「肥料」。
とは言っても気持ちのいいものではないですよね(;´Д`)

上にも書いた通り殺虫剤の説明書きにはコバエの適応表示はありません。
これは農薬は植物に直接害を与える虫に対して使うものだから。

だから、なんとなく見た目が嫌な虫は対象にされていないんです。
とはいえ、コバエは小さくて弱いので、ほとんどの殺虫剤がかかれはコロンと死んでしまいます。

しかし発生源がある限りいくらでも復活してしまうのです。根本原因を取り除かなくてはいけません(゚Д゚)ノ

発生源を特定しよう

観葉植物から発生するコバエは『キノコバエ』と呼ばれる種類で通常は屋外のキノコや腐葉土から発生します。

鉢の中の土に含まれる腐葉土などに卵がついていれば、環境がっ整うことで発生することもあります。
しかし、ほとんどは家の外からやってきている場合が多い。

コバエは非常に小さく、窓の隙間や網戸の網を潜り抜けて、さらにはエアコンの排水ダクトの中を通って家の中に侵入します(;・∀・)

そして繁殖によさそうな観葉植物の鉢を見つけるとその鉢の中に卵を産むのでいつの間にか発生していることになるのです。

これはもう防ぎようがないので、発生する環境を作らないのが第一。

コバエを発生させないポイント

水をやりすぎないこと。

コバエの発生源は鉢の表面。2~3cmと言われています。

頻繁に水を与えて表面がいつも濡れていると、そこは格好の繁殖地(゚Д゚)ノ

基本的に観葉植物は鉢の表面がしっかり乾いてから水を与えましょう。一番よくないのは毎日チョコチョコあげること。

表面だけいつも湿っていて、鉢床の根っこは乾燥してしまうことがあります(゚Д゚)ノ
与えるときは下まで流れ出すまでしっかり与え、受け皿に水はためない。

これだけでもかなり抑えることができます。

土の表面を入れ替える。肥料をはずす

観葉植物の土は室内栽培用に虫が発生しにくい配合にはなっています。
しかし土に含まれる栄養分にどうしてもコバエはわいてしまう。

発生してしまったら表面の土2~3cmを外して処分しましょう。
コバエは土の奥までは潜らないので、たいていはこれで退治できるはず。

減ってしまった土は赤玉土や鹿沼土など、腐葉土の含まれない清潔なものを表面に入れるようにします。

また、買ってきたばかりの観葉植物には生産者さんが肥料として『油かす』をのせている場合があります。有機質肥料は植物にもいいのですがこれもやっぱりコバエの発生源となるので取り除いておきましょう。

肥料は丸い粒状の化成肥料に変えれば、発生を防げます。

​究極の解決法!土を使わない。という方法も

それでもど~~~しても虫は嫌!!!

という方はイミテーショングリーン(造花)にしましょう( ˘ω˘ )

これなら手入れも不要!楽々!

虫は嫌だけど、やっぱり植物は本物!というわがままさんにはコレ。

ハイドロカルチャー

土を使わないから清潔(^^♪

だけど土に植えているものより栽培は難しかったりします(;´∀`)

長く育てるつもりでないならいいですが、土で育てるより鑑賞期間は短いです。

それにハイドロカルチャーように栽培されている品種は数が少なく選択の幅があまりないのも残念なところ。

虫は嫌で、造花もいやだけど好きな観葉植物を育てたい人にお勧めする魔法の土

そんなわがままをかなえる魔法の土があるんです(≧▽≦)

それはこれ、

セラミスグラニュー(゚Д゚)ノ

これは何かというと、植物の土を付けたまま水耕栽培のように穴の無い容器で栽培できるようになる。魔法の土なんです。

普通の土で穴の無い容器を使うと、水が溜まって根腐れを起こしてしまいます。
しかしこのセラミスグラニューを使うと粒一つずつに水分を蓄えハイドロカルチャーのような栽培ができるようになるんです(゚Д゚)ノ

植物は土を付けたまま、その周りをセラミスグラニューで覆うように植え付けるから根を傷めることなく植え付けが可能。

大型の観葉植物も栽培可能です。

​​水分量はインジケーターで確認できるから、水やりも簡単(^_-)-☆

基本乾燥気味に栽培するようになるのでコバエの発生もありません。

この土、観葉植物だけでなく花やサボテン、ラン、セントポーリアも栽培可能!(^^)!

使うのは穴の無い容器だから、おしゃれな空き缶やマグカップ、ビールジョッキにジョーロなどアイディア次第で何でも植え付け可能。面白アレンジに挑戦してくださいネ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です