めっちゃきれいだけどメッチャお値段の高いコロラドトウヒ ホプシーの話

粉を吹いたように輝く銀葉(≧▽≦)

どっしりとした円錐型で存在感抜群!

寒さにも強く、北海道でも栽培可能なクリスマスにぴったりな庭木と言えば、

「コロラドトウヒ」そんな中でも「プンゲンス ホプシー」の美しさは最高ですね!

クリスマスツリーとして飾りをつけるのも最高!

青白い銀葉が素敵です(≧▽≦)

今日はそんなトウヒのお話。

 

トウヒとは?

トウヒとは、マツ科トウヒ属の総称。その中でも銀葉のものを園芸では「プンゲンス」や「コロラドトウヒ」と呼ぶ。

似た樹形を取るモミはモミ属で近いがちょっと違うグループ。

すごく素敵な木なのですが・・・・高い(゚Д゚;)

高い高い高~い。何万~何十万円なんて当たり前。

それもそのはず、伸びても年間10cm程度、ひじょーに成長がゆっくりなんです。

生産に時間と手間がかかるから希少価値が上がり、値段も上がる(;´・ω・)

人気があればさらに高額に。その筆頭が最も美しいとされる「ホプシー

新芽の色はほかの品種を圧倒する美しさ(^^♪

どうせ植えるならやっぱり「ホプシー」と思っていらっしゃる方、ご注意ください(゚Д゚)

実は、コロラドトウヒの中で最も虫がつきやすく、最も形が整いにくいと言われているのです。

特に芯くい虫が入りやすく、ともすれば中心が食べられてしまうことも・・・成長が遅いので回復も時間がかかる。植えた方は気を付けましょう。

樹形もよく写真で見るような三角錐にするには選定作業が必須。

意外と手のかかる品種です。

値段も高いうえ、管理大変なのか・・・と残念がるあなたにおすすめ。

おすすめ品種ファットアルバート

ファットアルバート」比べるとホプシーには劣る色だが、単品で見たらホプシーとの違いはほとんどなし(≧▽≦)

しかも、この木のいいことは手入れなしでも樹形が整い、枝が密に育つってこと。

無剪定でもしっかりした形になるのは助かる。

病害虫もホプシーに比べればかなり丈夫。

価格面でもホプシーに人気が劣るため、1~2割安い

まあ、十分高いけど(;^ω^)

詳しく見たい方は写真にリンクがあるから、通販サイトで確認してみてください。

プンゲンスにはこのほかにも何種類かあるので「ホプシー」に絞らずいろいろ見てから決めることをお勧めします(*´▽`*)

庭に一本あるだけでかっこいいよね。こんな木が似合う家に住みたい(*´ω`*)

あ、ちなみにクリスマスツリーとして家の中で鑑賞したいなら生の庭木はおすすめしないです。

あまり長い期間室内に置くと、日照不足はもちろんのこと。

暖かい部屋にあると木が「冬が終わった」と勘違いして成長を始めてしまいます(゚Д゚)ノ

その状態で屋外に戻すと新芽が寒さで傷んでしまうことも……

室内用には造花のツリーを飾って楽しみましょうね(*’▽’)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です