比べてみようハナミズキとヤマボウシ

​街路樹などでもおなじみ。この時期に可愛い花を咲かせるハナミズキ。漢字で書くと『花水木』花がきれいな水木という意味。

こんな名前だから日本の木なのかな?とも思うけど、実はもともとアメリカの木なんです(゚д゚)!

ハナミズキには日本とアメリカ交流の象徴としての意味合いがあるのです。

ポトマック湖畔公園の桜の返礼として

1912年、当時の尾崎行雄東京市長が贈った桜の苗木の返礼として、1915年に日本に送られたのがハナミズキ。

届けられたハナミズキは全部で60本。うち白花の苗木が40本、ピンク花の苗木が20本だったらしい。

残念ながらこの原木はほとんどが不明か枯れてしまい、現在は東京の世田谷にある『都立園芸高校』に一本が残るだけとなってしまっている。

アメリカに送られた桜は100年たった今もきれいに咲き誇り、春はお祭りがおこなわれている。

ハナミズキの花を見てみよう

ミズキ科ミズキ属の落葉樹。

原産はアメリカ東部の温暖地やメキシコ北東部。

花はまさに今4~5月。葉に先駆けて花が咲くのでよく目立つヾ(≧▽≦)ノ

花の特徴は4枚花弁でその先端がくぼむこと。色は赤白ピンクで、中には斑入りの葉をもつものも存在する。

​​ピンクの代表ジュニアミスと、白花クラウドナイン。街路樹でもよく見かけますね(*’▽’)

​変わったところでは八重咲も存在します(´゚д゚`)
非常に珍しい八重咲アルバプレナ。

ところで、ハナミズキの「花」ってどれでしょう?

何を言っているかって?実は花びらに見える部分は「総苞片」と呼ばれる花を包む葉に近いもの。

​中央に見える突起状のもの、一つ一つが本当の花なんです(゚Д゚)ノ。このため比較的花もちよく長く楽しめるんですね(^^♪

次はヤマボウシを見てみよう

​!(^^)!

ぱっと見同じようですが、さてどこが違うでしょう??

正解は花弁(総苞片)の先。よく見てください。とがっているでしょう?

大きな違いはここ(”ω”)ノ。

そしてもう一点。花の後ろに葉が茂っているでしょう。ハナミズキが葉が出る前に花を咲かせるのに対して、ヤマボウシは葉の展開と同時に花を咲かせます。

開花もハナミズキより遅い6~7月。ハナミズキの派手さはないが、楚々とした姿に庭木としても人気の高い樹木。

ヤマボウシは純国産。本州・四国・九州・琉球諸島・朝鮮・中国などに分布している。

基本は白でピンクに染まる品種もあるが、品種は少ないです。

​​丸弁の濃いピンク「ミスサトミ」もっとも色の濃いヤマボウシ。赤系にはもう一種「紅富士」があり、こちらの方が色が薄く花も細い。

​コチラはさらに希少!赤白に咲き分ける(混ざって咲く)源平ヤマボウシ。

さらに珍しいものに花弁(総苞片)が6枚という超変わり種もいます。販売しているお店は見つけられなかったのだけど、これ、植わっていたら目を引くよね(◎_◎;)

​ いい写真がなかった(;^ω^)

​また、ヤマボウシには中国原産の常緑タイプもあります。

ヤマボウシ ホンコンエンシス。

いくつか品種も出てきているけどまだまだ流通も少ない珍しい木。

花色は若干黄色味を帯びて小型。開花時期は同じ6~7月。

ただし、寒さに弱いので-5度以下だと枯れるか、枯れなくても葉を落とします( ;∀;)

地植えは関東より西がおすすめですね。

花だけじゃない実も全く違う

​​どちらがハナミズキかわかりますか(。´・ω・)?

正解は小さい実が固まっている最初の写真が。ぼこぼこしたボール状の実がヤマボウシです٩( ”ω” )و

日本猿に種を散布してもらうヤマボウシは実が集まって一つのボール状に、サルのいないアメリカでは鳥に食べて運んでもらうよう小さい実に進化した。すごいですね(´゚д゚`)

どちらかと言えば美味しそうなのはハナミズキの実ですけど、人間が食べられるのはヤマボウシのほう(◎_◎;)

普通に甘くてマンゴーやアケビ、バナナにたとえられますけど、あまり期待して食べるとガッカリします。食べられる、程度に思っておいた方がいいかも(;^ω^)

それでも果実酒やジャムにすることもできるので、挑戦してみてもいいですね。

ヤマボウシの実、味・効能・食べ方は?ジャムや果実酒の作り方は?

ちなみにハナミズキの実は毒はないようですが、めちゃめちゃ苦いそうです(;^ω^)

庭木に最適。アメリカン?和風?

お国柄を象徴するように派手なハナミズキ、落ち着きのあるヤマボウシ。

どちらも庭木として人気ですね。

​秋の紅葉も素敵です(*´▽`*)

ハナミズキは基本1本仕立てですっと立ち、ヤマボウシは一本でもいいが、株立ちに作った形も豪華。

育てやすさはヤマボウシの方が病害虫に強い。ハナミズキも強いけど、夏前にうどんこ病が発生することがあるので注意。

両方とも、7月ごろには来年の花芽の準備を始めるので、この時期病気になって葉を傷めると花芽がつかないことがあります!

順調に育てば9月ごろには枝の先端にぷっくりした花芽が確認できるはず。

ハナミズキとヤマボウシのハイブリット!!

​最近の品種として、ハナミズキとヤマボウシのいいとこどり、交配種も登場しています(◎_◎;)

上は交配種ステラ系ヤマボウシ『ギャラクシー』病害虫に強く、北海道でも栽培可能。今人気急上昇中です。

花弁は丸いのに先端もとがってるでしょ?

​お庭のメインツリーとしてぜひご利用くださいネ(^^♪

では~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です