果樹苗を育てよう!家庭果樹のすすめ

お庭で収穫!家庭果樹を育てよう!​

リンゴ

 園芸に興味がない。忙しくてそれどころじゃない。植物を育てるなんて面倒くさい(*´Д`)

 そんな人が増えている園芸業界の中でも、根強い人気を誇るのが

「家庭果樹」

 「果物ってお店で買うと結構高いし」「どうせ育てるなら食べれるほうがいいよね」「孫が喜ぶんじゃ」etc.

 みなさん、植えるだけでポンポン実がなって、食べ放題!みたいなイメージをされている方も多いのですが。

 正直言って、果樹は普通のお花より「メンドクサイ」です。(*_*;

家庭果樹の最大の利点「完熟果実」が食べられる!

それでもやっぱり果樹を育てたいっ!っていう人は多い。

 家庭果樹の利点はタダでたくさん食べられる。ってことだと思うかもしれないけど、家庭果樹の利点で最大のものはなんといっても「完熟果」

 お店で販売している果物は多かれ少なかれ、完熟前に早穫りしています。

 なぜなら完熟果は「日持ちしない」から。運搬中にぶつかってつぶれやすくなるし、お店で並んでる時点で腐って来たら大変。

 その点、庭に果樹があれば穫り立てを食べられるし、木に付けたまま完熟させた果物はホントの甘みを楽しむことができます。

 腐りかけが美味しいのは果樹も同じ。真っ赤に熟したジューシーなもぎたて新鮮果実(≧▽≦)
これは育てている人だけの特権です。

​完熟果を狙っているのは人間だけじゃない!

 甘い果物は虫も付きやすくなります。そして何より鳥が狙っています(*_*;

 「明日くらい食べごろかな~」なんて思っていると、みごとにその朝、鳥に食べられます(;´・ω・)

 奴らはたいてい人間より早起きなので、目覚めるころにはすでに遅し、すっかりなくなっているなって話はよく聞きます。

 鳥に食べられないためにはやっぱりネットが確実。目玉風船とか案山子なんて実際ほとんど効果ないですよ(^_^;)

 ​家庭果樹の選び方、育て方の難しさはこれで分かる!

どうせ育てるなら美味しいもの。だけど簡単なものがいい(`・ω・´)

誰でもそう思うでしょう。そこで果樹の難易度を簡単に見極める技を教えましょう。

 それは・・・「八百屋での値段が高いものは難しい」

単純にそれだけ手間がかかっているから価格に跳ね返っている。それだけ育てるのに手間がかかるってこと(。-`ω-)

高級ブドウやサクランボはやっぱり難しい。ブドウでも「デラウェア」などの小粒品種。みかんやリンゴなどは比較的育てやすい部類にはいるかな。

だいたいの果物はこの法則で間違いないと思う。家庭果樹を選ぶ目安にしてもらうといいと思います。

果樹苗栽培の注意点、受粉樹が必要!

果物の多くは1本だけでは実をつけないものも多いので注意が必要。

これは雄雌別な場合もあるが多くは「自家不和合」という性質によるもの。簡単に言えばほかの花粉がつかないと実がつかないってこと。これは詳しく描くと長くなるのでまたそのうちまとめますね(;^ω^)

メジャーなものだけまとめると、

1本でも実をつけるもの

  • ラズベリー・ブラックベリー
  • ブドウ
  • かんきつ類
  • 桃(一部例外あり)
  • 渋柿
  • イチジク
  • ユスラウメ   など

雄雌別株で用意するもの

  • キウイフルーツ
  • 甘柿(授粉用に雄花の咲く木が必要)

自分の花粉では実がつかない(別種と一緒に植える)必要がある

  • リンゴ
  • ナシ
  • プラム・プルーン
  • クリ
  • サクランボ
  • ブルーベリー
  • 梅 など

個々にいろいろな制約があるので、詳しくは個別に記事をまとめていくのでもうしばらくお待ちください(^_^;)

なんだか否定的なことばかり書いてますが、品種を選べば栽培簡単な果樹はたくさんあります。

ぜひ素敵な果樹園芸に挑戦してみてくださいネ。

果樹苗を育てよう!家庭果樹のすすめ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です