アメリカンブルーは多年性だが寒さは苦手(*´Д`)

通称「アメブ」ことアメリカンブルーです(*´∀`)

「アメブ」とはいっても、芸能人がよく利用しているアメブロのことじゃあないですよ。

 青い花が暑い季節に涼しさを感じさせますね(*^^*)

非常に育てやすい植物なんですが、何故か花が咲かないという話をよく聞きます。なんでなんでしょうか??

アメリカンブルーは何者か??

夏になるとお花屋さんでよく見かけるようになる花苗。

だけど詳し素性は結構知られていない。

このアメリカンブルー、なにの仲間かといえば実はアサガオと同じヒルガオ科の植物。共通点は夏に咲くというだけのようだが、よくよく見れば花は似ているかな?

学名ではエボルブルス・ピロスス (Evolvulus pilosus)という。お店でも「エボルブルス」の名前で販売されることもあります。

南米原産の熱帯産多年草なので、冬5度以上を保てば越冬も可能。

もともとはハワイで花つきのいい品種の選抜が行われ、‘ブルー・デイズ’(‘Blue Daze’) と名付けられて販売されたものが1980年代終わりに日本にはいってきた。
だけど園芸業界の悪いところで、輸入販売業者が好き勝手にいろんな名前で販売するものだからなんだかわからないまま定着(-.-;)

名前はいろいろ混乱したが、今は「アメリカンブルー」が一般流通名として定着したらしい。

個人的にはブルー・デイズもかっこいいと思うんだけどね(*´∀`)

花が咲かない?!びろびろ伸びるアメリカンブルー

実際に育ててみると、なんだかあんまり花が咲かないんです(´;ω;`)

枝だけはよく伸びてビロビロ大きくなり、先の方にパラパラと咲くだけ・・・。
これと同じような咲き方の植物、思い当たりませんか?

サントリーフラワーの「サフィニア」や「ミリオンベル」この植物たちもただ植えただけだと枝先にパラパラ咲くだけ。

そうなんです。アメリカンブルーも『切り戻し』が必要なんです(≧∇≦)/

枝が伸びた先端に花を咲かせるアメリカンブルーは枝をピンチすることで枝数が増え、その枝に花が咲くことでたくさんの花を楽しめる植物なんです。

だから植えっぱなしで何もしないと数本の枝だけが伸びた格好の悪い姿になってしまうんですね(-.-;)
植え付け当初は数回ピンチを行ってたくさんの枝を育てましょう。肥料を追肥すると更にGOODです(≧∇≦)/

生育旺盛で、育て方も簡単。青い花が夏花壇にぴったりです。
ぜひ育てていただきたい一鉢です(≧∇≦)/

鉢植えも素敵だけど、生育旺盛なので水切れには注意しましょうね(*^^*)
特に鉢植えはびっくりするほどよく乾きます(*´Д`)

花は一日花(一日でしぼんで終わってしまう)なので上からジャバジャバかけてもOK。むしろハダニの予防になります。
あ、もちろんやりすぎは厳禁。表面が乾いてからしっかり潅水。これが鉄則です(゚Д゚)ノ

アメリカンブルーのホワイト(゜_゜)??

アメリカンブルーには白花品種もあるんです(*’▽’)

アメリカンブルーの白。ブルーなのに白?
というわけで「アメリカンホワイト」の名前で流通することも。これが正式名称なのかは不明(^_^;)

白のアメリカンブルーで品種が確定しているのは 小関園芸 で生産している「コットンキャンディ」という品種があります。

性質はアメリカンブルーと同じ、コットンキャンディは本家アメリカンブルーより花付きがいいらしい、生産者曰く「当社比3倍」だそうです。
赤くないのに3倍…(意味の分からない人は「シャア 3倍」で検索してください(^_^;))

ガンガンの日差し大好き!夏から秋まで咲き続ける小さなあさがお「アメリカンブルー」をぜひ育ててみてくださいね(*’▽’)

アメリカンブルーは多年性だが寒さは苦手(*´Д`)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です