”ロシアンオリーブ”とかいう別にロシア原産でもオリーブでもない木

ほんとに、園芸業界はそれっぽい名前を付けるから混乱する(;^ω^)

トルコ産でもキキョウでもないトルコキキョウ、アフリカ産ではないアフリカンマリーゴールドなどと同じで、こちらもロシア産でもオリーブの仲間でもないです。

ロシアンオリーブお前は一体何なんだ?

 正式名称はヤナギバグミ 学名:Elaeagnus angustifolia ホソバグミなんて呼ばれたりもします。

美しいシルバーリーフは常緑~半落葉なので冬も結構葉を残します。

原産はロシアではなく中央~東アジアの乾燥地帯。
原産からわかるように、乾燥・暑さ寒さなど過酷な環境に非常に強い。耐寒性を表すHardiness Zoneheは3~7(北海道の山地~長野程度の寒さ)これは耐寒性だけを示しているので実際の植栽は九州でも全然平気(*’▽’)
耐暑性もかなりなものです。ガンガンの日差しでも葉が焼けることもなく元気。

しかし、この流通名を考えた人はセンスがいい(;^ω^)
ヤナギバグミ・・・一気に田舎臭くなりますね。芸能人の芸名みたいなものか。

育てやすさはこれ以上ないくらい丈夫!丈夫すぎて・・・

ロシアンオリーブ普通のオリーブ

知らない人が見たらほとんど区別がつかないかも(^_^;)
やや銀色が強いほうがロシアンオリーブです。

オリーブと言えば地中海原産。 日本では種子島などが産地の温暖な気候 以外は冬の防寒が必要です。
新芽の時期にはオリーブや穴あきゾウムシといった害虫の被害が出ることもあり防虫対策も必要。

ですがこのロシアンオリーブは普通のオリーブでは越冬が難しい地域や、病害虫の心配をしたくない方でも安心して栽培できる植物。

 北海道でも楽々冬越し可能。難点といえば元気が良すぎて茂りすぎること。でもどこで切ってもよく芽吹くから剪定初心者も安心(≧▽≦)

 毎年こまめな剪定があれば小さくも保てますよ。

オリーブと似てるのは葉だけ。実はやっぱりグミ

ロシアンオリーブは春に花咲き、秋に実をつけます。
赤い実がたわわに実ってます(^^♪

ロシアンオリーブの実の味はそこそこ甘いのですが、なにせ渋みが強い(*_*;

そのまま食用にするにはちょっと残念な味です。ジャムにすると渋みも抜けて食べやすいみたい。チャレンジしてみよう。

シンボルツリーにもロシアンオリーブ

成長が早いので、小さい苗からでも数年で立派なシンボルツリーに成長します。
小さい苗が比較的お求めやすい価格で出回っているから、オリーブが育たない地域や、丈夫な庭木をお探しの方はお庭に植えてみるのもいいですよ。

きれいなシルバーリーフは切り花としても利用可能。乾燥させても色の変化がないからドライフラワー素材にもなるなど、利用価値はいっぱい!
ぜひそだえってみてくださいね(≧▽≦)


”ロシアンオリーブ”とかいう別にロシア原産でもオリーブでもない木” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です