幸福の木が何で枯れるの?その原因トップ3

幸福の木表紙

新築・開業のお祝いに観葉植物を贈ろう(”ω”)ノ

そう思ったらまず頭に浮かぶのがこの「幸福の木」

もうね、名前からしても縁起がいいじゃないですか。サイズも小さいものから大きく豪華なものまでそろっていて、ご予算に合わせて選べるのもうれしいですね。

でも、そんなよく見かける幸福の木ですが、「枯れてしまった(ノД`)・゜・。」という方も多いのでは?

今回はそんなプレゼントに人気の観葉植物「幸福の木」ドラセナ・マッサンゲアナ枯らさない管理について紹介します(≧▽≦)

幸福の木ってどんな木?

幸福の木は正しくはドラセナ・フレグランス・マッサンゲアナ 学名:Dracaena fragrans ‘Massangeana’

原産地は熱帯アフリカで標高600~2000mの高地に自生しています。

観葉植物として流通しているのは、ドラセナ・フレグランスの斑入り品種。明るい雰囲気があり人気ですね(≧▽≦)

似たような観葉植物で「青年の木」ユッカ・エレファンティペスという品種もあります。

こちらは葉が堅く上向きに直立することで見分けられます。

幸福の木の価格。値段はいくらくらい?

一般的には10㎝位の太さの茎の先端からいくつかの葉を展開した状態で販売されます。

ホームセンターなどなら、小さいものは数百円から、10号(直径30㎝の鉢)だと1万円を超すものまでいろいろですね(^^♪

普通の白い鉢に入ったものなら8号(直径24㎝)で6~7千円。10号で1万円~1万5千円くらいです。

「大きいのは値段が高いから、小さい木から大きく育てよう!」

そう思う方もいるかもしれませんが、残念ながら幸福の木は大きく育てることはできません(゚Д゚)ノ

幸福の木は育たない?

”できない”というと語弊がある、”きれいな姿に育てることができない”というのが正しいですね。

幸福の木はどれも太い幹が切られた姿で販売されています。これは日本で育てられたのではなく、海外で育てられた木が丸太の状態で輸入され、日本で挿し木を行って根と芽を出した状態で出荷されています(゚Д゚)ノ

成長するのはこの幹の脇から生えた芽。元となった幹は購入したときのまま変わらないので、どうしてもアンバランスになってしまうんです(^_^;)

かっこよく飾りたいなら、初めから希望のサイズを購入するようにしましょうね(^_^;)

プレゼントに最適、幸福の木の花言葉は?

「幸福の木」というくらいなので、幸福な花言葉が多いです(*’▽’)

幸福の木の花言葉は、『幸福』『幸せな恋』『永遠の愛』 どれも縁起のいい言葉ですね。

何で幸福の木っていうの?

なぜドラセナ・マッサンゲアナが『幸福の木』と呼ばれるかというと、「ハワイで幸運の木と呼ばれ家の芽などに植えられるから」と説明されることがあります。

ですが、実はハワイで幸福の木  Good Luck Plant  と呼ばれるのは日本の「幸福の木」ドラセナマッサンゲアナではないんです(゚Д゚)ノ

ハワイの幸福の木・聖なる木はコルジリネ・ターミナリス Cordyline terminalis

ハワイアン雑貨、プルメリアやハワイ植物の通販専門店 | Lani Hawaii(ラニハワイ) 様ホームページより

見た目はなんとなく似ているけど、違う品種。

にほんの室内ではコルジリネは栽培が難しく、葉が似ていてより丈夫なドラセナマッサンゲアナが代わりに「幸福の木」として販売されてきたのです(^_^;)

代用品とはいえ、風水的にも 「陽の気」を持つ植物 として、気の流れがよくない場所や運気があまりよくない場所に置くのが良い観葉植物とされます。育てやすさで言えばドラセナの方が簡単なので、初心者の方はドラセナマッサンゲアナから始めるのがいいと思いますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コルジリネTアトム 5号プラ鉢
価格:550円(税込、送料別) (2020/2/8時点)

中上級者は本物の幸福の木、コルジリネ・ターミナリスにもチャレンジしてくださいね(≧▽≦)

幸福の木が枯れる!原因トップ3

丈夫で簡単だって聞いていたのに、幸福の木が元気がない。枯れてしまった。という方もいると思います(;´Д`)

本来丈夫なはずの幸福の木が枯れてしまう、その原因トップ3を紹介以します。

NO1 .水のやりすぎ

なんといっても、一番の原因は『水』

幸福の木は乾燥に強い観葉植物。逆に言えば過剰な水を好まないと言えます(゚Д゚)ノ

特に購入して間もないころはまだ根の量が少なく、あまり水を吸うことができません。

いつも土が湿っている状態だと根が傷み、幹がぶよぶよしてきます(*_*;

こうなってしまったら、もう助けることは不可能。何本か植わっているなら枯れてしまった木だけを抜き取って乾燥気味に管理してほかの木が根腐れしないように注意しましょう。

ちょこちょこ与えるのも×。表面がしっかり乾いたら下まで流れるまで与えて鉢の中の水分を入れ替えてください。もちろん受け皿に水を残してはダメですよ(゚Д゚)ノ

No2.寒さ

冬に元気がなくなったのなら寒さで弱っている可能性が高い(゚Д゚)ノ

同じ部屋の中でも窓のそばは日中と夜の温度差が大きく、植物を痛めます。

直接日はあたらなくても、窓やサッシからは1m以上離して飾るようにしましょう。

部屋をせっかく暖かくしても、冷たい水道水を与えていると根が凍傷になって根腐れします。必ず室温と同じ冷たくない水を午前中の暖かい時間に与えるようにしましょう(゚Д゚)ノ

夏に比べて乾きも遅くなります。過剰なあげすぎにも注意です。

No3.日焼け

葉が茶色く枯れてくる原因は日焼けの場合もあります。

特に急に日当たりの強い場所や屋外に出したとき、強い光に耐えられなくなり茶色くなってしまうんです(; ・`д・´)

日本人がいきなりハワイに行ったら肌が真っ赤になるのと同じ。急な環境の変化は禁物です。

場所を移動するときは今より少し明るい場所で1~2週間環境に慣らしてから、さらに日の強い場所に移動するなど、環境に順化させてから移動しましょう。

日焼けしてしまった葉は元に戻りませんが、次に出てくる葉は強い日差しに耐えられる強い葉が伸びてくるので汚い葉だけ切ってしまえばOK。日焼けで枯れるほどの被害を受けることは少ないです。

幸福の木の緊急処置。助けるためには?

では、もうすでに枯れてきてしまっている状態の場合どうすればいいのか?

まずは上の3つの原因を確認し、原因がわかればそれを取り除きましょう。水を控え、暖かい部屋で強い日差しから遠ざけます。

そのうえで、まだ生きている木を救出します(゚Д゚)ノ

枯れた枝は除去

茶色くなってしまった葉は元に戻りません。切り取ってしまいましょう。新しい芽が伸びているようなら回復の可能性があります。

幹がぶよぶよの枝も完全に枯れているので抜き取ります。おそらく根がほとんどついていないハズ(;´Д`)

根元がぶよぶよでも、上に緑の葉が残っているなら、挿し木ができるかもしれません。脇芽だけ切り取って外しておきます。

植え替え

残った本数に対して鉢が大きい場合は一回り小さく植え替えます。土の量が多いと水が乾きにくくなるからです。

植え替えは植物にとって負担が大きいので、できるだけ6~9月の暖かい時期に行いましょう。

寒い季節は無理に植え替えず、暖かくなるまで様子を見る方が安心です(”ω”)ノ

挿し木

株元が腐っても上の葉が元気なら挿し木で再生できます。

枝を20~30㎝に切り取り、葉を2~3枚残して外します。1枚の葉が大きい場合は葉も半分に切り落とします。

挿し木用の土か水苔に植えて乾かないようにあたたかい室内で管理します。温度があれば1か月くらいで新しい根が出てきます。

ここまで枯れているようでも、回復の可能性はあります(; ・`д・´)

茶色くなった葉は切り落とし、黄色の付け根から切り外して挿し木に挑戦しましょう。

活力剤メネデール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メネデール(500ml)
価格:1318円(税込、送料別) (2020/2/8時点)

メネデールは根の発育を促し、株の再生を助けます。

挿し木の時だけでなく、株が弱っている場合は水やりの時メネデールを同時に与えることで回復を早めることができます。

肥料を与えてはダメです!

元気がなくなると、つい肥料を与えたくなりますが、それは逆効果。絶対にやめましょう(゚Д゚)ノ

弱っているときは人間で言えばおなかを壊している状態。強い肥料は病人に元気になれとステーキを食べさせるようなもの。

まずは活力剤で元気を回復させ、どんどん新芽が伸びてくるのを確認してから肥料を与えましょう。

幸福の木を枯らしてしまうポイントまとめ

寒さ・水・急な強い光。これに気をつければ基本的に丈夫な木です。

植物の痛みも、早めに気づけば回復も早くなります。毎日気にかけてあげましょうね(^^♪

原因の判断がつかない場合は写真を撮って園芸店などで訪ねてみましょう。写真があるとお店の人も状況判断がしやすいですよ。

近くに相談できるお店がない場合、Twitter( @engaku_project )でご相談いただければできる範囲でアドバイスさせていただきます(^^♪

そんなに難しく考えず、まずは一鉢育ててみましょう(≧▽≦)

では、皆様よい園楽を~(。・ω・)ノ゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です