大麻は悪魔の草か?神の恵みか?ヘンプ・リネン・ラミーの違い。

大麻

この名前を聞いた人の多くは「ドラック・麻薬・やばい薬」このようなイメージを思い浮かべることでしょう。

確かに麻(アサ)はドラックとしてのマリファナの原料ではあるが、日本では悪い薬としてというよりも丈夫な素材としての利用が普通でした。「麻布」や「麻縄」「織物 」など、日本の生活にはなくてはならない重要な作物だったんです(゚Д゚)ノ

もちろん、海外でも繊維素材としての利用は当たり前で昔川使われています。ハンドメイドで創作される方なら「ヘンプ」という縄は聞いたことがあると思いますが、この「ヘンプ」こそ麻です(。-`ω-)

大麻(タイマ)と麻(アサ)

現在、日本では麻の栽培は法律で禁じられており、大麻取締法で栽培・所持を厳しく禁じている。そのため一部の許可を得た事業者が少量生産するに過ぎない。

「麻布はたくさん販売されているよ」と思われるかもしれないですが、そのほとんどが”大麻”いわゆる”ヘンプ”ではない。
現在「麻」と表記されているのはリネン(亜麻)か、ラミー(苧麻)のどちらかで大麻は使われていません。大麻を使ったものは 指定外繊維(大麻)と表示 しなくてはいけないんです。

もちろん大麻の素材を使っても麻薬中毒になったりしませんよ(゚д゚)!
世界でも古来から”麻”ヘンプを使った衣類などは普通に使われていました。 ところが麻薬(ハシシ)を得られることで第二次世界大戦後、大麻は大幅に規制され栽培地が限られることで価格が高騰。さらに”麻薬”のイメージが先行し危険な素材として見られるようになってしまったんです(。-`ω-)

日本の大麻は麻薬にならない?

いわゆる麻薬(マリファナ)が取れるのは大麻の葉で、 葉や花に向精神性のテトラヒドロカンナビノール (THC) という成分が含まれる。この成分を多く摂取すると 酩酊感、陶酔感、幻覚作用などがもたらされます。 ただしこの効果は お酒程度のものであり、依存性はたばこよりも少ないといわれ、国によっては合法とされる場所もある。試したことはないけど、興味があれば自己責任で海外で試すことはできると思われます(^_^;)
もちろん持ってきちゃったら即刻逮捕なのでダメですよ。

国際的にも大麻は規制されているので快楽役としての利用はごく一部ですが、繊維としての利用は多くの国で認められています。

日本でも栃木を中心に許可を持つ生産者が繊維用途として栽培を続けています。大麻 カンナビス・サティバ・エルにはほとんど麻薬成分 テトラヒドロカンナビノール (THC) を含まない品種というものがあり、昔から日本で作られていた大麻はこれにあたります。
現在では在来種よりさらに薬用成分が低いものに改良されて栽培されているので、日本の栽培地から何かしらの方法で奪取に成功しても麻薬としての役には立たない。

こういった成分の違いから、日本では大麻を繊維として利用する文化は多く存在するが、薬用成分を利用した利用はあまり行われてこなかった。

大麻 カンナビス・サティバ・エル の特徴

大麻は 桑科に属す一年草本 学名:(Cannabis sativa, L.

葉はモミジに似て 切れが深く拳状で、葉縁は鋸歯状。 雌雄異株で雌木につく実は「あさのみ」として七味唐辛子にも入る食用として利用される。
鳥のえさにも入っていることが多く、違法に麻を栽培した人が「鳥のえさから芽を出させた」という話が出回るがどうやら嘘らしい(^_^;)
試しても無駄みたいですよ、というかそれでホントに育ったらつかまっちゃいますからね。

大麻の成長は極端に早く、110日(約4か月弱)で高さ2.5メートルにも成長する。品種や生育状況によっては3mを超えるものもあるとか。丈夫でここまで長い繊維を取れる植物はほかになくもっと有効利用するべきという声も上がっている。

繊維が取れるだけではなく大麻は地球環境にとってもかなりの利点があります。その一部をご紹介(^_^)/

  • 4ヶ月で2m以上に育つため効率よくCO2二酸化炭素を吸収する。(一時期話題になったケナフより優秀)
  • 成長過程でその分多くの酸素も供給する
  • 作付面積に大量生産が可能。3㎝感覚で植えることができる!
  • 連作可能で農地の有効利用ができる。
  • やせた土地でも栽培可能。化学肥料なしでもよく育つ。
  • 土中の有害物質の吸収能力が高い。さらに成長過程でそれらを無毒化する。
  • もしかしたら放射能汚染の除去にも期待される。
  • 殺菌、対放射能抑制効果

繊維は丈夫でリサイクルの紙に混ぜることでよりしっかりしたのもを作ることができるなど、このほかにも利点がたくさんあります。

危険性は限りなく少ないのに、必要以上の規制がかかる大麻。なんでなんでしょうね?

大麻の歴史

日本では縄文時代から2000年以上の栽培の歴史がある。朝は神の依り代ともされ、天皇の衣や各種神事で使用されてきた。

日本の大麻には麻薬成分はほとんど含まれないため”麻薬”として利用する歴史は全くなかった。その大麻が大麻取締法で違法となったのはGHQの政策による。

日本侵略時、アメリカでマリファナ法が制定され当時占領下であった日本でも同じように規定された。

しかし当時日本に大麻を吸うような風習はなく(吸っても気持ちよくならない)GHQに制定されたあと法務局長になった林さんという方が 「日本は今まで2000年間、大麻なんて規制したことがない。そこら辺に全部生えていた。何を言っているの?」 といった言葉が残っている。

それほど戦前までの日本では一般的な植物だった。

その後日本の法律が制定される際も、何の検討もされないまま条文が残り、規制されるから研究も進まない>研究が進まないから安全が確認されない>安全が確認されないから法律が変わらない。と、負のサイクルに陥ったまま70年が過ぎてしまいました(´・ω・`)

見直されるべき大麻

2012年からアメリカでは一部の州ではマリファナ(大麻)が嗜好品(たばこや酒と同じようなもの)として許可され始めました。

近年も薬効が見直され薬用大麻に限り解禁を見直す動きが日本でも見られ始めています。
治療薬の未来など、難しいことはさておき、まずは日本の伝統である「繊維」としての大麻を復活させてほしいですね。

現在も大麻素材の商品は販売されていますが、その希少性から非常に高価。
やり方によってはもっと安価で有効利用ができそうだと思います。まずは誤った「負のイメージ」これを改善していく必要がありそうです。

大麻を学ぶなら「大麻博物館」

日本の大麻に関する間違った印象を払拭すべく、 「高安淳一」という方 が個人で作った博物館が那須高原にあります。

実は栃木は日本の大麻生産90%を誇る産地なんだそうです。ここに行けば大麻の歴史から、利用まで様々なことが学べます。
もちろん違法なものは売っていませんよ(^_^;)

まずは日本人に植え付けられた「大麻=危険ドラッグ」という誤った常識をただして有効利用できる環境を作っていってもらいたいですね。

今記事を読んで興味を持った方はぜひ大麻博物館を訪ねてみてくださいね。

ちょっと今回は育てる園楽をお勧めすることはできませんが、植物の歴史を知ることは楽しいですよ。知識の園楽を深めてみましょう。では、よい園楽を~(。・ω・)ノ゙

大麻は悪魔の草か?神の恵みか?ヘンプ・リネン・ラミーの違い。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です