ルネッサ~~ンスっ!白ワインとボリジで何が起こる?

​この花、知っていますか(?_?)

ハーブの一種、『ボリジ』と言います。
青い花がかわいいですが、この花可愛いだけではないんです。
その変わった利用法をご紹介(≧▽≦)

ボリジとは?

​ムラサキ科の一年草。和名は瑠璃苣(ルリジサ)と言います。

瑠璃は読んでわかるように瑠璃色の花。苣はチシャつまりレタスのこと。まあ、レタスはキク科だから関係ないんだけど、新鮮な葉がキュウリのような風味を持ちサラダとしても利用される有用植物だから(*’▽’)

利用されるのは葉だけじゃなく、花もエディブルフラワー(食べられる花)としてサラダや砂糖漬けにしても利用されます。
有名な料理サイト「クックパッド」でもボリジの砂糖漬けなど各種料理が紹介されています。

Cpicon ボリジの砂糖菓子 by Fuego’s

薬としてのボリジ

ボリジは栄養も豊富で、カルシウム、カリウムをはじめとしたミネラルが豊富で、副腎を強化する働きがあるといわれています。

薬草として強壮、強心、血液浄化などに利用され、16世紀に発行されたハーブの本では腫瘍を消滅させる力があると書かれているらしい。まあ、そこまでの効果はないだろうけど”(-“”-)”

中世では騎士が気分を高めるために利用したといわれるから、強壮効果は結構期待できそう(^^♪

​特にワインとの相性がいい。

おしゃれな利用として、白ワインにボリジの花を浮かべる。すると、あら不思議!青い花がピンクに変わる!!

そしてお酒とともに強壮効果のあるボリジを摂取することで憂鬱を取り除いてくれるそうです。
これはぜひ試してみたい!

残念ながらうちには白ワインがないので、そのうちに試そうと思います(^◇^)

花に含まれる成分はポタジウム。これは高血圧予防にも効果があるようですよ。

コンパニオンプランツとしても効なボリジ

ボリジは害虫の天敵を呼び寄せ、作物を守る助けになります。ミツバチなどを呼び受粉を助けることにもなるので、トマトやイチゴと一緒に植えるのがおすすめですよ(^^♪

花の後はたい肥として土に漉き込むことで土にミネラルを補給する、優れた作物なんです。

1年草だけど丈夫で、こぼれ種でも増えるからお庭におすすめですよ~(^^♪

乾燥にも強く管理も簡単。

加湿は苦手なので水はけよく植えましょうね。さあ、白ワインを買いに行こう!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です