青いバラ作成過程から生まれた青いシクラメン

こんなシクラメン見たことない!

驚かれること必至(@_@;)

驚きの花色をご覧ください。

 

*サントリーと言えば・・・?

サントリーと言えば・・・もちろん園芸メーカーですよね!(;^ω^)

え?何言ってるんだって?

まあ、一般的には飲み物や、お酒のメーカーとの認識が強いと思うけど、お花屋さんにとっては花苗「サフィニア」のメーカーというイメージが強い。

もちろんそれだけではなく、ちょっとプレミアムな花を多数作出している。

今人気のポインセチアの改良種「プリンセチア」もサントリーの商品。

 

そして今回紹介している青いシクラメン。まあ、だけど(;^ω^)

これはバイオテクノロジーを駆使した遺伝子組み換えによって作出された人工的な新品種。

シクラメンにはもともと青い色素を作り出す遺伝子はなかった。そこに別の植物から青い色を作る能力を人工的に組み込んで作出されたのがこのセレナーディア

もともとは「青いバラ」を作るという目標のため研究が進められていたが、その過程でシクラメン・カーネーションにも青い色素を作り出す遺伝子組み換えが行われ新品種の誕生となった。

 

 

 

*青いシクラメンの特徴

セレナーディアは正確に言うと、花が小ぶりな「ミニシクラメン」に分類される。

花が小さいというだけで、管理は普通のシクラメンと変わることはない。

涼しい部屋・明るい光・乾かないように水やりと適度な追肥

これだけで次々と花を咲かせ春まで楽しむことができる。

ただ、セレナーディアは普通のシクラメン・ミニシクラメンよりも光の要求度が高いように感じる。

光が弱いと葉の黄化が激しく、株が傷みやすい。

できるだけ明るい光。ともすれば屋外の直射日光に当ててやるほうが生育がいい。

特に八重咲き品種のライラックフリルは特に弱いように感じるのです(;´・ω・)

 

 

*セレナーディアの仲間たち

青いシクラメン「セレナーディア」は現在3品湯が販売されている。

まずは基本となった青いシクラメン。「アロマブルー」。名前の通り香りもすごく良い(*´ω`*)

 

 

淡い色とフリル状の八重咲の花が素敵な「ライラックフリル」

残念ながら香はほとんどない(´・・`)

でもそれ以上にかわいらしい花が魅力的。

 

豪華なビクトリア咲き「ビクトリアブルー」

美しさはナンバーワン。やっぱり香はあまりない。

一鉢はどれも5000円近くする高級品だけど、プレゼントにすれば驚かれること間違いなし!

もちろん自分用でも。普通のシクラメンに飽きてしまったら、是非飾ってみましょう(^^♪

 

 

青いバラ作成過程から生まれた青いシクラメン” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です